CIRQUE DU SOLEIL

Tsuda Nao in Blog 2009.11.04

昨日フジテレビの方のご好意で「Corteo」CIRQUE DU SOLEILに
招待して頂いたので原宿へ出掛けた。
本日追加公演開幕を前に公開リハーサルが行われたのだ。
夏にメルシャン軽井沢美術館にて一緒だった作家の
三沢さん、佐々木さん、展覧会のスタッフだった方達とも合流し、
輪になり皆で会場へと入る。
サーカスは家族のように集まり観にゆくのもなかなか良い。

テントも最大クラスではないかと思われる程の
大きさがあり迫力がある。
だれもがゲートをくぐると、すっと上を見上げる。
そして別世界への入口に立ったかのように、足を一瞬留める。
それくらいサーカスは観る人の身体をも動かし、
導いてしまう力を持っている。

今回魅せられたCIRQUE DU SOLEILだが、
中でも素晴らしかったのは舞台装置の美しさだ。
360度の円形劇場はもちろんのことだが、
小道具までが信じがたい程に機能している。
人間で言えば筋肉の一筋一筋までに意識を集中し巧みに動かし、
踊り舞うようなところが彼らにはある。
更に美しさは速度により、益々加速してゆく。
「極限の技の中に垣間見れるものとは一体何なのか」
自身の目で確かめてみて欲しい。

Comments are closed.