朝の影、動くことのできない身体。

Tsuda Nao 2019.01.26
梅原猛梅原猛×津田直縄文縄文フィールドワーク芸術新潮

ある朝、一瞬にして風邪をひいた。1月14日早朝のことだ。

 

眠たい身体で立ち上がり、目覚めたところまでは、いつも通りだった。時計を見るつもりで、携帯を手に、ニュース頁を同時に見た瞬間、僕の身体は真っ逆さまに地面へと落っこちていった。いや、そんなことが起きるはずはないが、そんな気持ちになっていた。速報は、哲学者・梅原猛氏の逝去を伝えるものだった。目前は暗澹たる思いとともに、灰色に陰っていった。まだ、なにも、反応すらできていないのに、大切な何か=生きる力のようなものと涙が、一緒くたになってこぼれ落ちていくのが見えた。

≫ read more text by Tsuda Nao 朝の影、動くことのできない身体。 はコメントを受け付けていません。