「眠りの先ー夜をひきつれて」 展覧会カタログ

manager in Catalog, Publication 2006.03.13

眠りの先―夜をひきつれて Beyond SleepingーCarrying Night Along 展覧会カタログ


眠りの先―夜をひきつれて 展覧会カタログ
Beyond Sleeping—Carrying Night Along
-
津田の作品を前にすると、写真からトポグラフィックな地名が消え、見慣れた地図のなかからむくむくと新しい地図が立ち現れてくる。
目に見える境界と目に見えない心理的な境界の両方を軽々と飛び越え、あらゆる枠組みから解放されて、見る者は誰でもない一人の“わたし”として、そこにある一つの世界と向き合わざるをえないのだ。
(『眠りの先―夜をひきつれて』本文より)

2006年3月刊行
発行・編集:株式会社資生堂企業文化部
テキスト:石川直樹(冒険家・写真家)

 

 

When we look at Tsuda’s work, the topographic place names disappear from the photographs, and new maps slowly emerge from the depths of the maps we have grown accustomed to. The viewer finds himself leaping easily over both visible boundaries and invisible, psychological boundaries, freed from any kind of framework, and forced to confront the world that emerges as an unnamed “I”.

(From the text of Beyond Sleeping—Carrying Night Along)

Comments are closed.