新芽の季節

Tsuda Nao in Blog 2009.04.23

二日間程関西に行っていた。
大阪では専門学校でゼミを持っている。
ひと月に一度のペースで学生に会い、一日話す。
大抵、作品制作と同じだけのエネルギーを注ぐことになる。
人と向き合うこととは、エネルギーを共有することからはじまると思っている。
摩擦が互いの温度を上げる。
初授業だったのでお互いの名前と顔つき、性格や度胸を知る。
書かれた字には自分が映る。
些細なことからも関係がはじまってゆく。
こうして春は僕に様々な新芽を見せてくれている。
夜にはメルシャン軽井沢美術館でもお世話になっているgrafを訪ねる。
関西に行くと、まるで自分の仕事場みたいにここへ足が向く。
気が合い、毎年どこかで一緒に仕事をしているからなのか、
美味しいフードが食べれるからなのか。

翌朝の帰り道は神戸空港から東京へ。
翼の先に真っ白くそびえ立つ富士山を眺め、
機内で柚ジュースを飲んだ。

Comments are closed.