『芸術新潮』(2012年11月号)にて「縄文が世界を救う」と題して、哲学者・梅原猛さんと津田の対談記事掲載されています。

manager in 2012, News 2012.10.27

『芸術新潮』縄文の歩き方特集

雑誌の詳細は下記サイトよりご覧頂けます。

『芸術新潮』(2012年11月号) http://www.shinchosha.co.jp/geishin/

*トークイベントのお知らせ
「縄文の歩き方」特集刊行記念トーク ー縄文遺跡を訪ねて青森から鹿児島までー

(B&B HPより)
15000年前にはじまった古代文明は、現代社会を健やかに豊かに暮らす知恵の宝庫です。
アイルランドやスコットランドの古代遺跡、チベット文化圏などのフィールドワークを重ねてきた写真家ならではの視点で、縄文の魅力を語っていただきます。

三内丸山遺跡や石神遺跡など多くの縄文遺跡がある青森県から、南は鹿児島まで。
具体的なエピソード、旅の話も盛りだくさんです。

日時:2012年11月3日 16:00~18:00 (15:30開場)
場所 :本屋B&B
住所:世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F
対談:津田直×伊熊泰子(芸術新潮編集部)
入場料 :1500yen + 1 drink order
ご予約方法:チケットは下記B&B HPよりご購入下さい。
URL:http://bookandbeer.com/blog/event/20121103_jyomon

 

Comments are closed.