Nemuro012〜3月に根室、東京にて開催されたイベント EASTERN ” vol.2「釣りに行こうイベントのレポートが三編(前編・中編・後編)に渡って掲載されています。後編に津田のトークの様子が載っています。imi-shin HP  http://imi-shin.com/special/26-3/

EASTERN ” …本土最東端の街、根室は人と自然とが程よい距離感で結ばれ、人が自然の一部として存在していることを気づかせてくれる美しい土地です。そこには今、僕たちが知りたいヒントがあるように感じています。 ” EASTERN ” は、東京と根室。ふたつの東から育まれていくもの、出会うものを通して、これからの新しい暮らしを一緒に探っていくプロジェクトです。Nemuro02Nemuro03

≫ read more text by Saori Azuma “ EASTERN ” のイベントのレポートが掲載されています。 はコメントを受け付けていません。

太宰府天満宮にて「太宰府、フィンランド、夏の気配。」展を開催します。

Saori Azuma 2018.05.09
「太宰府、フィンランド、夏の気配。」「辺つ方(へつべ)の休息」フィンランド太宰府天満宮文書館

「辺つ方の休息」(展覧会特設HPより)太宰府天満宮では、フィンランドとつながりの深い二人の日本人アーティスト 陶芸家 石本藤雄と、写真家 津田直による「太宰府、フィンランド、夏の気配。」を開催いたします。宝物殿では「実のかたち」と題し、太宰府天満宮の象徴である梅の実や夏に旬を迎える冬瓜、あるいはヤマモモ、ブドウ、木苺、南天の実をモチーフとした石本藤雄の陶器作品を、そして文書館では「辺つ方(へつべ)の休息」と題して、北欧の人々が短い夏を楽しむサマーコテージやフィンランドの離島に到来する初夏を写し取った津田直の写真作品を展示いたします。それぞれの作家が向けるまなざしを通して、自然が息づく夏のはじまりをご体感ください。

2017年5月、冬から夏へと季節が移り変わる瞬間を追い求めたフィンランドでは、群島の岩場や岸辺から見つめた草木がいち早く夏の到来を察知して新芽を開く様や、人々が世代を超えて大切にしているという、短い夏を満喫するための小屋とそれを取り巻く自然の姿に、北欧の初夏を見出しました。植物の息吹、氷 が解けた湖面、陽の光や風、といった被写体に目を凝らして写し取った一瞬に、津田作品の世界観が感じられます。「辺つ方の休息」

「太宰府、フィンランド、夏の気配。」展 石本藤雄「実のかたち」 津田直「辺つ方(へつべ)の休息」会期:2018年5月12日(土)〜7月1日(日)開館時間:9:00〜16:30(入館は16:00まで) 休館日:毎週月曜(6月25日は開館) 拝観料:共通チケット [ 宝物殿+文書館 ] 一般 700(600)円、高大生 300(200)円、小中生 150(100)円会場:太宰府天満宮宝物殿・文書館 それぞれ 一般 400(300)円、高大生 200(100)円、小中生 100(50)円住所:福岡県太宰府市宰府4-7-1 tel.092-922-8225(9:00〜17:00)主催:太宰府天満宮 後援:フィンランド大使館、Visit Finland (フィンランド政府観光局) 協力:有限会社スコープ、スパイラル/株式会社ワコールアートセンター、東京カラー工芸社、富士フイルム株式会社、三菱地所アルティアム、 MUSTAKIVI、Taka Ishii Gallery Photography / Film 、THE NORTH FACE会場構成:宝物殿 設計事務所ima(イマ)小林恭 + マナ、文書館 CASE-REAL(ケース・リアル)二俣公一 アートディレクション:前田景 企画・プロデュース:株式会社ビオトープ WEB: http://www.dazaifutenmangu.or.jp/natsunokehai/

〈関連イベント〉*津田直 スライドショー&トークイベント ヴァーノ島とユヴァスキュラの湖畔での撮影秘話、さらに石本藤雄との不思議な縁について、展示作品以外のスライド画像を交えながら語ります。

日時:平成30年5月13日(日)午後1時~午後2時半(開場は午後12時30分) 場所:太宰府天満宮宝物殿 地下1階 講座室  ※宝物殿正面向って右側に、地階への階段がございます。聞き手:高橋美礼(デザインジャーナリスト) 参加費:無料 ※展覧会へのご入場は、別途チケット購入が必要となります。 定員:各回 50名 ※先着順にて。定員になり次第、締め切らせて頂きます。 主催:太宰府天満宮文化研究所 応募方法:メールにてお申込み下さい。 メールタイトル(件名)に、「①5/12 石本藤雄 トークイベント参加申し込み」「②5/13 津田直 スライドショー&トークイベント参加申し込み」どちらか必ずご記載下さい。 本文に、お名前、お電話番号、メールアドレス、ご住所を記載頂き、太宰府天満宮文化研究所のメールアドレス、kenkyusyo@dazaifutenmangu.or.jpまでお送り下さい。 確認次第、受け付け完了のメールを送付させて頂きます。

〈展覧会会期中の太宰府天満宮催し物トークイベント 石本藤雄トークイベント 津田直飛梅ちぎり花菖蒲コンサート斎田御田植祭大祓式

≫ read more text by Saori Azuma 太宰府天満宮にて「太宰府、フィンランド、夏の気配。」展を開催します。 はコメントを受け付けていません。

三菱地所アルティアムにて個展「エリナスの森」を開催します。

Saori Azuma 2018.04.16
エリナスの森リトアニア三菱地所アルティアム

Elnias Forest #2(ARTIUM HPより)歩くことを通して、自然と人間との関係にひとつの文化として向き合い続けてきた写真家・津田直の新作を初公開いたします。

北東ヨーロッパ・バルト海に面する美しい小国リトアニアへの旅を重ねながら、津田は4年に亘って撮影を続けてきました。国土のおよそ3分の1が緑に覆われたリトアニア。津田が深く関わるようになったきっかけは、眩しい初夏を迎える日、小さな村で続いてきた夏至祭に立ち会ったことや、森の中で暮らす人々と土地との間に、深い繋がりを見つけたことでした。それらは、かつて日本人がもっていた自然信仰にも共通すると感じたと津田は語ります。

歴史に翻弄されながらも、今年独立100周年を迎えた小国の中で、古より途切れることなく見えない糸として受け継がれてきたリトアニアの文化を見つめ、写し撮った写真集とともに、津田が歩んだ距離感でリトアニアの風景を体感できる展覧会にご期待ください。Elnias Forest #9

津田直「エリナスの森」会期:2018年4月28日 − 5月27日 開館時間:10:00 – 20:00休館日:5月15日入場料:一般:400300円  学生:300200円 会場:三菱地所アルティアム住所:福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8F電話番号:092-733-2050主催:三菱地所、三菱地所アルティアム、西日本新聞社 後援:駐日リトアニア共和国大使館、リトアニア政府観光局、福岡市、公財福岡市文化芸術振興財団 協力:太宰府天満宮、東京カラー工芸社、富士フイルム株式会社、handpicked、LTshop、Taka Ishii Gallery Photography / Film、THE NORTH FACEWEB:http://artium.jp/exhibition/2018/18-02-tsuda/*展覧会に併せて写真集『Elnias Forest』が刊行となります。展覧会場にて先行販売を行います。

〈関連イベント〉*オープニングレセプション日時:2018年4月28日18:30〜20:00 会場:三菱地所アルティアムイムズ8F ※参加無料・予約不要

*津田直スライドショー&トーク日時:2018年5月5日土・祝14:00~15:3013:30開場 会場:セミナールームAイムズ10F ゲスト:松田沙織LTshop店主 参加費:500円 定員:60名自由席 申込:アルティアム092-733-2050まで要電話予約。4月11日より受付開始。

*アーティストトーク&写真集刊行記念サイン会日時:2018年5月19日アーティストトーク14:00〜14:20、サイン会14:30〜 会場:三菱地所アルティアムイムズ8F ※参加無料・予約不要要展覧会チケット

≫ read more text by Saori Azuma 三菱地所アルティアムにて個展「エリナスの森」を開催します。 はコメントを受け付けていません。

雑誌『Coyote』(No.64 Spring 2018)に寄稿しました。

Saori Azuma 2018.03.19
CoyoteTHE NORTH FACEリトアニア

『Coyote』(No.64 Spring 2018)『Coyote』(No.64 Spring 2018)02『Coyote』(No.64 Spring 2018)、P.136〜141「THE NORTH FACE 未来に残したい風景」にて、リトアニアで撮影した新作「Elnias Forest」シリーズより写真とエッセイを寄稿しています。

雑誌の詳細は下記サイトよりご覧頂けます。雑誌『Coyote』(No.64 Spring 2018)  http://www.switch-store.net/SHOP/CO0064.html

≫ read more text by Saori Azuma 雑誌『Coyote』(No.64 Spring 2018)に寄稿しました。 はコメントを受け付けていません。

Eastern vol.02(Eastern instagramより)本土最東端の街、根室は人と自然とが程よい距離感で結ばれ、人が自然の一部として存在していることを気づかせてくれる美しい土地です。そこには今、僕たちが知りたいヒントがあるように感じています。 ” EASTERN ” は、東京と根室。ふたつの東から育まれていくもの、出会うものを通して、これからの新しい暮らしを一緒に探っていくプロジェクトです。

vol.2のテーマは「釣りに行こう」。釣りをキーワードにした展示やワークショップ、オリジナルプロダクトの販売をいたします。ぜひお越し下さい。

【イベント情報】EASTERN vol.2 NEMURO2月24日(土)、25日(日) 津田直写真スライド上映2月25日(日)13:00〜(約2時間) ワークショップ「獣毛や鳥の羽でアクセサリーを作る」 古川広道(AVMジュエリーデザイナー)会費:2,500円(ドリンク付き *毛針型ブローチ、ピアス、イヤリング、ペンダントトップなどが一つ製作できます。) ※要予約(定員になり次第締切)予約・お問い合わせ:0153-24-0555(VOSTOK labo)場所:guild nemuro(11:00Open) 北海道根室市昭和町4-396

EASTERN vol.2 TOKYO3月24日(土)14:00〜15:30 トークイベント「東端に立つ」 津田直会費:無料3月25日(日)13:00〜、16:00〜(約2時間) ワークショップ「獣毛や鳥の羽でアクセサリーを作る」 古川広道(AVMジュエリーデザイナー)会費:2,500円(ドリンク付き *毛針型ブローチ、ピアス、イヤリング、ペンダントトップなどが一つ製作できます。) ※要予約(定員になり次第締切)予約・お問い合わせ:0153-24-0555(VOSTOK labo)場所:POST (12:00Open) 東京都渋谷区恵比寿南2-10-3

instagram: https://www.instagram.com/eastern_vol.2/

Produced by :  VOSTOK Supported : Nemuro city officeEdit & writing : Nanae MIZUSHIMADesign : Ayako YABE (kidd)Talk show : Nao TSUDAillustration : Hisae Maedacollaboration : TEMBEAfoods : vostok laboprinted by : NEMURO PRINTING co., LTDSpecial Thanks : guild nemuro.POST.MERCI BAKE

≫ read more text by Saori Azuma 東京と根室をつなぐイベント ” EASTERN ”でトークイベント出演します。 はコメントを受け付けていません。

すばる(2018年3月号)シンポジウム「火山のめぐみ」にて講演した内容を『すばる』(2018年3月号)の中でエッセイとして寄稿しております。その他、シンポジウム司会の管啓次郎さん、登壇者の赤阪友昭さん、大辻都さん、井上昭洋さん、松田法子さん、ドリアン助川さん、大川景子さんのエッセイも掲載されております。

雑誌の詳細は下記サイトよりご覧いただけます。 『すばる』(2018年3月) http://subaru.shueisha.co.jp

≫ read more text by Saori Azuma 文芸雑誌『すばる』(2018年3月号)にて「生かされている世界の続き」と題したエッセイを寄稿いたしました。 はコメントを受け付けていません。

国際交流基金主催の海外巡回展「東北ー風土・人・くらし」インドネシアにて開催

Saori Azuma 2018.01.14
「東北ー風土・人・くらし」国際交流基金

Akagami Shrine Goshado「東北ー風土・人・くらし」展が今年で6年目となり現在下記日程で開催予定です。

2018年1月17日~31日 インドネシア/ブンダラ・ブダヤ・ジャカルタ(ジャカルタ)

国際交流基金HP  https://www.jpf.go.jp/j/project/culture/exhibit/traveling/photo_tohoku.htmlShinzan Shrine Kaguraden

≫ read more text by Saori Azuma 国際交流基金主催の海外巡回展「東北ー風土・人・くらし」インドネシアにて開催 はコメントを受け付けていません。

『婦人画報』(2018年2月号 No.1375)に寄稿しました。

Saori Azuma 2017.12.29
『婦人画報』西郷どん西郷隆盛
『婦人画報』(No. 1375、2017年2月号)『婦人画報』(2018年2月号  No.1375)「玄孫が辿る西郷隆盛」特集にてp.108-123の16頁に亘り、山形、鹿児島、奄美大島を巡り撮影し、原稿を寄せております。尚、2018年大河ドラマ「西郷どん」主演(西郷隆盛役)の鈴木亮平さんとの対談も掲載されておりますので、お楽しみ下さい。

雑誌の詳細は下記サイトよりご覧頂けます。『婦人画報』(2018年2月号  No.1375)  https://www.hearst.co.jp/brands/fujingaho/issue/2018-02

 

≫ read more text by Saori Azuma 『婦人画報』(2018年2月号 No.1375)に寄稿しました。 はコメントを受け付けていません。

「IMA」(Vol.22)AMA UTA『IMA』(2017 Winter Vol.22) 特集“土地の記憶” P.75〜82にて、“歩きながら写真は生まれる”というテーマの元、「AMA UTA」というタイトルで写真とテキストが掲載されています。

雑誌の詳細は下記よりご覧いただけます。『IMA』(2017 Winter Vol.22)  http://imaonline.jp/imaproject/ima_magazine/vol22/#img1

≫ read more text by Saori Azuma 雑誌『IMA』(2017 Winter Vol.22)特集“土地の記憶”にて写真とテキストが掲載されています。 はコメントを受け付けていません。

雑誌『PAPERSKY』に寄稿しました。

Saori Azuma 2017.12.07
Jomon Fieldwork 賢者の欠片PAPERSKY

「PAPERSKY」(No.55)トラベル・ライフスタイル誌『PAPERSKY』(No.55)、スウェーデン フィーカ特集号にて「Jomon Fieldwork 賢者の欠片」Vol.19 「一養蚕農家の追いかけた縄文」を寄稿しました。

雑誌の詳細は下記サイトよりご覧頂けます。 『PAPERSKY』(no.55) http://www.papersky.jp

≫ read more text by Saori Azuma 雑誌『PAPERSKY』に寄稿しました。 はコメントを受け付けていません。

シンポジウム「火山のめぐみ」に登壇します。

Saori Azuma 2017.11.15
明治大学火山のめぐみ

明治大学 中野キャンパスで行われるシンポジウム「火山のめぐみ」に登壇します。詩人・比較詩学教授の管啓次郎さんが司会となり、火山について学者、映像作家、写真家がそれぞれの火山についての研究内容、エピソードについて講演します。津田は以前Gallery916にて発表した作品『Puhu nin Amukaw』の撮影のために訪れたフィリピン・ルソン島のピナトゥボ火山や山麓に住むアエタ族との出会いなどのエピソードを話す予定です。Pufu nin Amukaw01

(明治大学HPより)われわれが暮らす列島は火山の列島。火山が生み育んだ土地に、人々は住んできました。火山の島々は人に何を与えてくれるのか。私たちはどんな生活を営み、神話を考えてきたのか。日本、ポリネシア、フィリピン、アイスランドなどをむすびつつ、火山島で生きることの意味を考えてみたいと思います。

発表者

 赤阪友昭(写真家)
 井上昭洋(天理大学/文化人類学)
 大川景子(映像作家)
 大辻都 (京都造形大学/フランス語圏文学)
 津田直 (写真家)
 松田法子(京都府立大学/領域史)
 ドリアン助川(作家=映像出演)

司会

 管啓次郎(明治大学/比較詩学)

=日時= 2017年12月2日(土)14時~18時30分

=会場= 明治大学中野キャンパス5階ホール
=主催= 明治大学理工学研究科建築・都市学専攻 総合芸術系(PAC=場所、芸術、意識プログラム)
=問い合わせ= 明治大学理工学部批評理論研究室(管啓次郎研究室) TEL:044-934-7275=WEB=明治大学HP  https://www.meiji.ac.jp/sst/grad/information/6t5h7p00000pm88g.html

予約不要・入場無料

Puhu nin Amukaw02Puhu nin Amukaw03

≫ read more text by Saori Azuma シンポジウム「火山のめぐみ」に登壇します。 はコメントを受け付けていません。

「BRUTUS」858号「わたしの温泉愛」のページで、FUJITOデザイナーの藤戸剛さん、空間・プロダクトデザイナーの二俣公一さんと共に、男3人旅の記事が掲載されています。

雑誌の詳細は下記サイトよりご覧頂けます。『BRUTUS』(858号)  https://magazineworld.jp/brutus/brutus-858/

≫ read more text by Saori Azuma 雑誌『BRUTUS』(858号)に男3人旅の記事が掲載されています。 はコメントを受け付けていません。

「Robert Frank: Books and Films, 1947-2017 in Kobe」展にコメントを寄せました。

Saori Azuma 2017.10.12
1947-2017 in Kobe」KIITO「Robert Frank: Books and Films神戸

「Robert Frank: Books and Films, 1947-2017 in Kobe」生まれ育った神戸の街にて開催されていた「Robert Frank: Books and Films, 1947-2017 in Kobe」展@デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)にコメントを寄せました。  https://robertfrank2017kobe.tumblr.com/

≫ read more text by Saori Azuma 「Robert Frank: Books and Films, 1947-2017 in Kobe」展にコメントを寄せました。 はコメントを受け付けていません。

映画 『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』の映画パンフレットにテキストを寄稿しました。

Saori Azuma 2017.08.24
オラファー・エリアソンオラファー・エリアソン 視覚と知覚映画パンフレット

「オラファー・エリアソン 視覚と知覚」2017年8月5日より公開されている映画 『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』(フィッカ配給作品)の映画パンフレットに「自然を見つめ、空間と対話する、アーティストの目」と題したテキストを寄稿しました。映画をご覧になった方は、是非パンフレットもお手に取ってご覧下さい。

オフィシャルサイト:  http://www.ficka.jp/olafur/

 

≫ read more text by Saori Azuma 映画 『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』の映画パンフレットにテキストを寄稿しました。 はコメントを受け付けていません。

雑誌『PAPERSKY』に寄稿しました。

Saori Azuma 2017.07.30
Jomon Fieldwork 賢者の欠片PAPERSKY東名遺跡縄文

『PAPERSKY』(no.54)トラベル・ライフスタイル誌『PAPERSKY』(No.54)、スイス ランドスケープアート特集号にて「Jomon Fieldwork 賢者の欠片」Vol.18 「8000年前の植物利用」を寄稿しました。

雑誌の詳細は下記サイトよりご覧頂けます。 『PAPERSKY』(no.54) http://www.papersky.jp

≫ read more text by Saori Azuma 雑誌『PAPERSKY』に寄稿しました。 はコメントを受け付けていません。

国際交流基金主催の海外巡回展「東北−風土・人・くらし 」ブラジルにて開催

Saori Azuma 2017.07.16
FIELD NOTES「東北−風土・人・くらし 」国際交流基金

FIELD NOTES「東北−風土・人・くらし 」展が現在ブラジルにて開催されています。

2017年7月20日~8月13日 ブラジル/パラナ州博物館(クリチバ)

2017年5月26日~7月12日 ブラジル/サンパウロ市文化センター(サンパウロ)

「東北−風土・人・くらし (海外巡回展)」…震災発生から1年という節目に企画された本展覧会は、被災状況や復興の様子をリポートするものではなく、写真作品を通して、東北の風土、人、くらしを浮かび上がらせようとするものです。東北にゆかりのある、しかし世代も表現もまちまちな10人の写真家による作品で構成されており、1940年代を中心に撮影された過去の作品から、現在進行形の作品までを同時に展示し、過去・現在・未来を貫く個性的な写真家の視点を通して、奥深い東北の魅力を海外の人々に広く紹介することを目的としています。

国際交流基金HP  https://www.jpf.go.jp/j/project/culture/exhibit/traveling/photo_tohoku.html

≫ read more text by Saori Azuma 国際交流基金主催の海外巡回展「東北−風土・人・くらし 」ブラジルにて開催 はコメントを受け付けていません。

「写真集を語り尽くす Vol.9 津田直さんの旅と写真」@めぐたまの記事が公開されました。

Saori Azuma 2017.06.11
「写真集を語り尽くす Vol.9 津田直さんの旅と写真」めぐたま中島佑介飯沢耕太郎

めぐたまトークイベント写真評論家・飯沢耕太郎さんの蔵書写真集約4500冊が本棚に並ぶ恵比寿にある写真集食堂めぐたまにて、3月4日に行った飯沢耕太郎さん、中島佑介さん(limArt主宰)との二時間に渡るトークイベント「写真集を語り尽くす Vol.9 津田直さんの旅と写真」の記事が【ウェブマガジンmine】にて公開されました。前半ではこれまでに出版した写真集、後半では今回フィールドワークとしてlimArtより出版した3部作の写真集について語っています。ご興味のある方は是非ご覧下さい。(前半は無料、後半は有料となっております)【ウェブマガジンmine】  https://mine.place/page/33351755-0687-490a-a3af-677800f16420

その他、めぐたまHPにて当日のお料理の様子がアップされています。この日は、めぐたまのご飯担当のおかどさんが、二部に渡って沖縄料理を作って下さいました。第一部トークイベントにて、伊是名島で食べていたムーチ(月桃で包んだ、神に捧げるお餅)を、第二部沖縄のご飯の会では、普段お目にかからない沖縄食材をたっぷりと使って、ハンダマ(金時草)とナーベラー(サラダへちま)のサラダ、ミヌダル(黒ゴマソースの豚の蒸もの)、ドゥル天など…を作って下さり賑やかな食卓となりました。詳しい料理の写真等は是非以下のHPにてご覧下さい。【めぐたま】  http://megutama.com/vol9tsudanao_okinawagohan/

≫ read more text by Saori Azuma 「写真集を語り尽くす Vol.9 津田直さんの旅と写真」@めぐたまの記事が公開されました。 はコメントを受け付けていません。

NUMA BOOKSより出版された『今日の宿題』に一つ宿題が掲載されました。

Saori Azuma 2017.06.04
NUMA BOOKSRethink Books「今日の宿題」本屋B&B

『今日の宿題』NUMA BOOKSより出版された『今日の宿題』に一つ宿題が掲載されました。他の出題者は、谷川俊太郎さん、堀江敏幸さん、最果タヒさん、柴崎友香さん、畠山直哉さん、柴田元幸さん、大竹昭子さん、今福龍太さん、吉増剛造さん他、計320名となっています。

(Rethink Books HPより)東京・下北沢に店舗を構える新刊書店「本屋B&B」が、2016年6月に福岡・天神明治通り沿いにオープンさせた、1年間限定の小さな書店「Rethink Books(リシンクブックス)」。その店内では「今日の宿題」と銘打たれた、日替わりの展示が行われていました。作家やミュージシャン、デザイナー、建築家、写真家など、さまざまなジャンルの方から「宿題」を寄せていただき、毎日1問ずつ掲示するというもの。 本書は、Rethink Books開店初日の2016年6月1日から、閉店1か月前の2017年4月30日まで、11か月の間に展示した「今日の宿題」を一冊にまとめたものです。出題者たちの日々の思索の断片が垣間見える、大小さまざまな問い。ひとつずつ、ぜひ立ち止まってじっくり考えてみてください。

5月25日から、Rethink Booksと本屋B&B(東京・下北沢)にて限定販売いたします。 (Rethink Booksでは5月31日まで、本屋B&Bでは6月1日以降も販売)

320もの様々な問いは、どれもハッと気づかされるものばかりです。 手元に置き、ふとした瞬間にパラっとめくる。 そうして日常の中で少し立ち止まって、「考える」時間を作っていただき、 本企画「今日の宿題」がこれからもみなさんの中で続いていってくだされば幸いです。 ぜひ足をお運びいただき、お手にとってご覧ください。

【冊子概要】 Rethink Books・編 『今日の宿題』

発売日:2017年5月25日(木) 定価:980円+税 判型・仕様:105×148mm、並製、670ページ 発行:NUMABOOKS ※Rethink Books(福岡・天神)、本屋B&B(東京・下北沢)にて限定発売Rethink Books HP  http://rethinkbooks.jp/news/3539本屋B&B HP  http://bookandbeer.com

≫ read more text by Saori Azuma NUMA BOOKSより出版された『今日の宿題』に一つ宿題が掲載されました。 はコメントを受け付けていません。

雑誌『PAPERSKY』に寄稿しました。

Saori Azuma 2017.04.30
PAPERSKYお遍路小豆島屋久島縄文縄文フィールドワーク

PAPERSKY #53トラベル・ライフスタイル誌『PAPERSKY』(No.53)、小豆島ハイク特集号にて「Jomon Fieldwork 賢者の欠片」Vol.17 「屋久島の先に、海上の道を見る」を寄稿しました。

雑誌の詳細は下記サイトよりご覧頂けます。 『PAPERSKY』(no.53) http://www.papersky.jp

≫ read more text by Saori Azuma 雑誌『PAPERSKY』に寄稿しました。 はコメントを受け付けていません。

神話「クリムポ」朗読会(Rethink Books HPより)ハワイ諸島がどのように生まれたのか。その創世を伝える神話「クムリポ」の朗読会を開催します。

2102行からなるこの壮大な物語は、宇宙の光と闇からはじまり、海底から生命の息吹が立ち上がる描写が瑞々しく描かれていています。一行一行、命が生まれる描写を言霊で聞くたびに、からだの細胞が喜びに包まれてきます。

お話は、アラスカや世界の神話に精通し翻訳もされている赤阪友昭さんです。この朗読会では、ハワイの神話の原書から日本語に翻訳したものを特別にシェアしてくださいます。クムリポを知ることで、宇宙のはじまりや自然とわたしたちの大いなるつながりをあらためて深く感じることができるように思います。古代の人々が何千年、何万年と伝承したきたように文字ではなく、語る言葉として神話を受け取ってみる。ハワイの音霊の響きを、ぜひからだで感じてみてください。

また、今回は世界各地にてランドスケープを撮り続けている写真家・津田直さんを聞き手にお迎えして、赤阪さんと対談していただき、お二人からお話も伺うという豪華な機会となります。どうぞお見逃しなく。

>>>>赤阪友昭からのメッセージもともと神話は、ひとりの語り部が物語る言葉からはじまった。文字はなく、あるのは言葉として発せられる音が作り出す空間だけだ。音はその空間に共存する人々の意識と共鳴して、あるエネルギーを創り出す。それは「親和力」とでも言えばいいのだろうか。神話の言葉と人々の現実の世界が交差する場所で、ある種のエネルギー変化が起こり、それは身体感覚を通して現実世界へも影響を与える。

古代の智慧の伝承であるクムリポを歌おう。その音霊は、古えより繋がる魂の響きそのもの。私たちの身体は、その響きを頼りに彼らの世界へと深く潜ってゆく。深く蒼い海底を彷徨うように、神話の言葉の中へ。さあ、意識の奥底へ旅をはじめよう。

赤阪友昭(あかさかともあき) 1963年大阪生まれ。写真家。雑誌「Switch」や「Coyote」などに写真・文を寄稿。北米海岸の先住民族と過ごした 時間を一冊にまとめた写真集『The Myth – 神話の風景から – 』がある。現在は、山に残された原初の信仰や縄文文化の祭祀儀礼を取材し、定期的に東京及び各地にてスライド&トークなど精力的に講演を開催している。震 災後は、福島の支援プロジェクトに関わり、被災地のランドスケープの記録撮影を続けている。 http://www.akasakatomoaki.net

「あ。わ。の月」プロジェクト 月をキーワードとして、森羅万象の世界へ足を踏み入れようというプロジェクトです。「あ」は「はじまり」、「わ」は「おわり」のこと。「月」を知ることは命の「はじまり」と「おわり」と「はじまり」を知ることです。 https://www.facebook.com/awanotsuki/

[イベント概要]「ハワイの創世神話『クムリポ』朗読会 ー 音で感じる神話の世界 – 」<あ。わ。の月プロジェクト企画>日時:2017年4月28日(金)19:00〜21:00 (18:30受付開始)出演:赤阪友昭×津田直場所:Rethink Books住所:福岡市中央区天神1-10-2電話:092-406-7787(11:00〜22:00)料金:1500+500yen 1drink定員:35名予約:下記、Rethink Books HPよりチケットをご購入下さい。 http://rethinkbooks.jp/event/3178

≫ read more text by Saori Azuma 4/28(金)トークイベント「ハワイの創世神話『クムリポ』朗読会 ー 音で感じる神話の世界 – 」@Rethink Booksに参加します。 はコメントを受け付けていません。

『ゆらぐ玉の緒』に表紙写真を提供しました。

Saori Azuma 2017.03.21
ゆらぐ玉の緒古井由吉漕

ゆらぐ玉の緒新潮社新刊、古井由吉著の「ゆらぐ玉の緒」に表紙写真を提供しました。「漕」シリーズからの写真となります。書店でお見かけの際は是非お手に取ってご覧下さい。

(新潮社HPより)陽炎の立つ中で感じるのも、眠りの内のゆらめきの、余波のようなものか。

老齢に至って病いに捕まり、明日がわからぬその日暮らしとなった。雪折れた花に背を照らされた記憶。時鳥の声に亡き母の夜伽ぎが去来し、空襲の夜の邂逅がよみがえる。つながれてはほどかれ、ほどかれてはつながれ、往還する時間のあわいに浮かぶ生の輝き、ひびき渡る永劫。一生を照らす生涯の今を描く全8篇。 古井文学の集大成。

『ゆらぐ玉の緒』著者:古井由吉出版:新潮社定価:1,700円(税別)刊行日: 2017/02/28判型:四六判頁数:224頁ISBN:978-4-10-319211-4WEB: http://www.shinchosha.co.jp/book/319211/

≫ read more text by Saori Azuma 『ゆらぐ玉の緒』に表紙写真を提供しました。 はコメントを受け付けていません。

第二回屋久島国際写真祭に参加します。

Saori Azuma 2017.03.01
Yakushima Photography FestivalYPFトークイベント屋久島屋久島国際写真祭

屋久島フォトフェスティバル2017年3月17日〜3月21日に屋久島にて開催される「第二回屋久島国際写真祭」に参加します。プログラムは公式HPにてご覧いただけます。

屋久島国際写真祭(YPF)はフランスと日本の文化交流を目的とした、ワークショップイベントと写真展示を中心に繰り広げられる写真祭です。2017年春 に写真家、アートディレクター、そして写真業界にプロとして携わる方々が屋久島に集結します。屋久島の魅力を最大限に生かしたワークショップや展示は、初心者から上級者までの幅広いレベルの参加者たちに向けて提供されます。屋久島に滞在しながら、深い自然に覆われた屋久島と写真祭を是非お楽しみ下さい。

津田直出演トークイベント「アイルランドとスコットランドの島々を巡る」日時:2017年3月18日 16:30〜18:00会場:安房公民館(安房集落)参加費:1,000円定員:30名予約: KODO@YPF.PHOTOS(担当:千々岩)までメールにてお申し込み下さい。*要予約WEB: http://ypf.photos/2017-nao-tsuda-slide-and-talk-event/

≫ read more text by Saori Azuma 第二回屋久島国際写真祭に参加します。 はコメントを受け付けていません。

MINOU BOOKS&CAFEトークイベント福岡県うきは市にあるMINOU BOOKS&CAFEにてトークイベントを行います。耳納連山の風景が美しい里にお出掛けがてら、是非ご参加下さい。(以下、MINOU BOOKS&CAFE HPより)

北欧の先住民族サーメを被写体にした『SAMELAND』(2014年)、ミャンマー北西部に暮らすナガ族を撮影した『NAGA』(2015年)、沖縄の離島、伊平屋・伊是名島の人々の信仰や自然との向き合い方を捉えた『IHEYA・IZENA』(2016年)。今回、写真家 津田直のフィールドワークから生まれた写真集3部作発刊記念のトークイベントをMINOU BOOKS & CAFEにて行います。

辺境と呼ばれるような、遠く離れた3つの場所に共通する、その土地に暮らす人々の自然との関わりや信仰のありかたをありのままに捉えた津田さんの写真と、実際にその場で人々と交流し体験した話を聞く、スライド&トークイベント。昔ながらの暮しや文化・信仰が残る耳納連山麓の風景とも共通する部分がありそうで、この場所の事をこれまでとは違った視点で見たり考えるきっかけになるような気がしています。是非ご来場下さい。

[SAMELAND / NAGA / IHEYA・IZENA] Box Set

イベント当日、はフィールドワークから生まれた第一弾写真集『SAMELAND』、第二弾写真集『NAGA』、第三弾写真集『IHEYA・IZENA』の3冊をBoxに収めたBox set(9,000円+税)を販売します。

『津田 直 SAMELAND / NAGA / IHEYA・IZENA スライド&トークイベント』

日程:3月25日(土)
時間:17:45開場  18:15スタート
会場:MINOU BOOKS & CAFE
料金:1,500円(1ドリンク付き)
ご予約・お問い合わせ
MINOU BOOKS&CAFE〒839-1321 福岡県うきは市吉井町1137
tel 0943-76-9501

MINOU BOOKS&CAFE(photo by MINOU BOOKS&CAFE)

≫ read more text by Saori Azuma 3/25(土)「津田 直 SAMELAND / NAGA / IHEYA・IZENA スライド&トークイベント」@MINOU BOOKS&CAFE in 福岡県うきは市 はコメントを受け付けていません。

3/4(土)トークイベント「写真集を語り尽くす Vol.9 津田直さんの旅と写真」@写真集食堂めぐたま

manager 2017.02.15
IHEYA・IZENAおかどめぐみこ中島佑介写真集食堂めぐたま飯沢耕太郎

ns_20170209_01

写真評論家の飯沢耕太郎さん、POSTの中島佑介さんとともに写真集食堂めぐたまにてトークイベントを行ないます。 おかどめぐみこさんの作る沖縄料理も登場します。みなさまご参加下さい!(以下、写真集食堂めぐたまHPより)

今回の「写真集を語り尽くす」は、ゲストに津田直さんをお迎えします。世界各地の辺境を旅しながら、人類の思考や宗教の起源を探り出す仕事をしてきた彼は、2014年に刊行された『SAMELAND』(POST)を皮切りに、人類学のフィールドワークと写真を重ね合わせた写真集を刊行してきました。その後、『NAGA』(同)を2015年に刊行し、今回の『IHEYA・IZENA』で3部作が完結します。津田さんがいま何を考え、どこに行こうとしているのか、写真集の版元でもあるPOSTの中島佑介さんを交えて語り合います。伊是屋島の食べものであるムーチーをおかどめぐみこさんが作ります。ぜひ足をお運びください。(飯沢耕太郎)

 

津田直さんからのメッセージ 「ことの始まりは、3年前に遡ります。近年続けているフィールドワークをできる限り編集という作業を挟まず、ありのまま写真集として制作するプロジェクトを2014年よりlimArtと共に行ってきました。写真集は年に一度POSTにて開催する個展に合わせて刊行を重ね、2016年に三部作として完成しました。トークイベントではBOXに収まった三冊の写真集を手にしながら、北極圏を舞台にした『SAMELAND』、ミャンマー北西部に住むナガ族を訪ねた『NAGA』、沖縄本島北西部に位置する伊平屋島・伊是名島に通い続けた『IHEYA・IZENA』、それらの撮影時のエピソードをスライドを交えながら、POSTの中島さん(limArt主宰)と共にお話しします。」

 

写真集を語り尽くす Vol.9 津田直さんの旅と写真

トークイベント 15:00〜17:00 参加費:3000円(トークと軽食/写真集の舞台である伊是屋島のおもちムーチー、三年番茶付き) 登壇者:津田直さん(写真家)、中島佑介さん(limArt主宰)、飯沢耕太郎さん(写真評論家)

 

沖縄のご飯の会 17:00〜 津田さん、中島さん、飯沢さんを囲んで、おかどめぐみこさんの作る沖縄料理を楽しみましょう。参加費:3000円(沖縄料理のご飯。ドリンク別)

 

日時:3月4日(土) 場所:写真集食堂めぐたま 住所:渋谷区東3-2-7(恵比寿7分) 電話番号:03-6805-1838 ウェブサイト: http://megutama.com/

 

*お申し込み めぐたま megutamatokyo@gmail.com 、もしくはお電話(03-6805-1838)にて。*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

≫ read more text by manager 3/4(土)トークイベント「写真集を語り尽くす Vol.9 津田直さんの旅と写真」@写真集食堂めぐたま はコメントを受け付けていません。