雑誌『SHUKYU Magazine』創刊号に寄稿いたしました!

Saori Azuma 2015.05.29
BhutanSHUKYU Magazine

SHUKYU Magazine新しく創刊されたフットボールカルチャーマガジン『SHUKYU Magazine』1(Spring/Summer 2015)ルーツ特集号、P.102に「Rainy Day」と題して記事を寄稿いたしました。 今までなかった新しいタイプのスポーツ雑誌です。本屋でお見かけの際は是非お手に取ってご覧下さい。

(SHUKYU Magazine HPより) SHUKYU Magazineは、Jリーグ開幕前夜80年代生まれの2人による、既存のサッカー誌とは全く異なるアプローチで作られたフットボールカルチャーマガジンです。毎号ひとつのテーマで特集を組み、選手・クラブ・食・建築・道具から印刷物まで、ゲームの背後にあるあらゆる現象を独自の視点で読み解いていきます。 創刊号では「ルーツ」をテーマに、サッカーにまつわる事象の成り立ちや経緯を調べていく中で、改めてその価値を発見していきます。 コラムページでは様々なジャンルで活躍するクリエイターの方と実験的な試みを行い、adidas FANATIC Tokyoとコラボレーションした冊子が付録となっています。 創刊を記念して、先行発売を兼ねた展示イベントを2ヶ所で開催します。ぜひお越しください。 shukyumagazine.com

Event 5/23 (sat) – 6/7 (sun) at VACANT・DNA 5/26 (tue)-31 (sun) at UTRECHT

発売日:2015.5.23 (sat) 価格:1,300円 (税別) 仕様:B5版 / 104頁 / 別冊付録付 発行:VACANT ltd. 先行取扱店:VACANT、UTRECHT、代官山 蔦屋書店 ISBN 978-4-908177-01-9

雑誌の詳細は下記サイトよりご覧頂けます。 『SHUKYU Magazine』1(Spring/Summer 2015)  http://event.hutu.jp/post/119761358205/shukyu-magazine

≫ read more text by Saori Azuma 雑誌『SHUKYU Magazine』創刊号に寄稿いたしました! はコメントを受け付けていません。

ART SYにて「REBORN – Platinum Print Series」が紹介されました!

Saori Azuma 2015.03.16
amanasaltoART SYBhutanREBORN - Platinum Print Series

ART SYNY発信のアート情報サイト「ART SY」にて「REBORN – Platinum Print Series」の作品が紹介されました。

ART SY  https://www.artsy.net/post/editorial-photographer-nao-tsuda-captures-breathtaking-landscapes-at

≫ read more text by Saori Azuma ART SYにて「REBORN – Platinum Print Series」が紹介されました! はコメントを受け付けていません。

タカ・イシイギャラリー モダンにて個展「REBORN (Scene 2) ― Platinum Print Series」を開催いたします。

Saori Azuma 2014.06.17
BhutanREBORN (Scene 2) ― Platinum Print SeriesTaka Ishii Gallery Modern

REBORN ― Platinum Print Series #2(タカ・イシイギャラリー モダン HPより) タカ・イシイギャラリー モダンでは、6月28日(土)から7月26日(土)まで、津田直個展「REBORN (Scene 2) ― Platinum Print Series」を開催いたします。同シリーズは2011年に東京にて開催された個展「REBORN “Tulkus’ Mountain (Scene 1)”」に始まり、2012年のタカ・イシイギャラリー京都を含め、これまで3度展覧会が開催されてきました。本展では、シリーズより厳選された作品10 点を、アマナサルト制作協力の下、プラチナ・プリント・シリーズとして発表いたします。

2010年より始まった「REBORN」シリーズは、世界で唯一チベット仏教を国教として守り伝えるブータン王国を撮影地としています。古くから神仏や自 然界への畏敬の念が培われ、宗教が人々の生活に深く根差すこの地で、津田は仏教の原点や信仰の在り方について探求し続けてきました。チベット仏教で信じら れている輪廻転生を意味する「REBORN」と名づけられた本シリーズには、ブータン各地に点在する数々の寺院や僧院、その内奥に暮らす僧侶たち、繰り広 げられる宗教的な祭りなど、ヒマラヤの厳しい自然に寄り添うように何世紀にも渡り守られてきた信仰と伝統の姿が写し取られています。

ブータン王国はチベット仏教を国教としているヒマラヤ山麓に佇む小国。 その大きさは九州くらいだと喩えられることがあるが、思いの他その土地は広く感じられる。神仏のみならず自然界に対しても敬意を表するゆえに、山へトンネ ルを掘るようなことをすることなく、いまなお人々は地形に沿って往来する日々を送っている。だからブータンでは時間が緩やかに流れ、谷間のように深い信仰 を今に受け継ぐことができたのだろう。 四度に渡り旅をしたブータンでは、国際空港のあるパロの町を玄関口に、首都であるティンプー近隣の寺院を巡り、北部へと連なる山道では、遊牧民と共に聖山 を拝みながら歩んだ。さらに東へ向かい古刹の点在する中央ブータン・ブムタン地方を訪ねた。四季を通じて催されるツェチュ祭では、僧侶を中心とした仮面舞 踊が繰り広げられ、人々の篤き信仰心に触れた。(津田直)

[開催概要] 「REBORN (Scene 2) ― Platinum Print Series」 会期: 2014年6月28日(土) – 7月26日(土) 営業時間:12:00 – 19:00 定休日:日・月・祝祭日 会場:タカ・イシイギャラリー モダン(東京・六本木 ピラミデビル) 住所:東京都港区六本木6-6-9 ピラミデビル2F 電話番号:03-6447-0500 WEB:http://www.takaishiigallery.com/jp/archives/11233

以下より展覧会情報をダウンロードしていただけます。(PDF ファイルサイズ:336KB)ns_20140617

「REBORN “Tulkus’ Mountain(Scene1)”」に続き、 この度、Taka Ishii Gallery Modernにて「REBORN (Scene 2) ― Platinum Print Series」、 Gallery916にて「REBORN (Scene 3)」を同時開催で展示しております。 是非、併せてご高覧下さい!

REBORN ― Platinum Print Series #6

≫ read more text by Saori Azuma タカ・イシイギャラリー モダンにて個展「REBORN (Scene 2) ― Platinum Print Series」を開催いたします。 はコメントを受け付けていません。

Gallery916にて個展「On the Mountain Path」を開催いたします。

Saori Azuma 2014.06.17
BhutanGallery 916On the Mountain PathPhilippinesSwitzerland

REBORN#32(Gallery916 HPより) 写真家・津田直の制作はフィールド・ワークにはじまると言っても良いだろう。本人の言葉を借りれば「遠くに行くのではない。僕は来た場所へ戻ろうとしている。」ということなのかもしれない。近年その活動領域は益々広大なものとなっています。 本展では、ブータンでチベット密教の原点や信仰の在り方に迫ったシリーズ『REBORN(Scene 3)』、スイス・ヴァレー地方で千年以上前からの人々の暮らしを支えてきた水路を追ったシリーズ『NOAH』。そして今春、フィリピン・ルソン島のピナ トゥボ火山エリアを巡り撮影した新作『Puhu nin Amukaw』(アエタ族の言葉で「バナナの心」の意) の3シリーズから、厳選された42点を展覧致します。 よく目を凝らすと視点の先には、作家が触れようとしている原初の姿を残す信仰や営み、行き交う人々の気配や痕跡が見えてきます。津田直の新たなランドスケープを、是非ともこの機にご高覧ください。

人や動物によって踏み固められた山道をひたすら歩き、太陽が沈むように、限りある一 日の力が尽きたところで足を止め、そこに眠り、朝を迎える。昨夏レジデンスでスイス・ヴァレー地方に滞在して以来、山中で過ごす日々が続いている。秋口に は近年通っているブータン王国にて、チョモラリ・トレックに挑んだ。機材や食材、テントなど数百キロとなる荷を積み、アシスタントとガイド、コック2人に 馬11頭、馬飼いの青年を連れての旅立ちだった。歩行から思考を開拓し、作られた地図を広げるのではなく、聳えるヒマラヤの高峰を眺めながら位置を定め、 氷蝕のU字谷をゆく。今春、僕は新たなる旅に出た。向かったのは、フィリピン・ルソン島のピナトゥボ火山周域。そこは1991年に20世紀最大規模の自然 災害とも言われた大噴火の起きた場所。果たして全ては失われたのか。行くとそこには、灰色の川の中に道が延びていた。(津田直)

[開催概要] 「On the Mountain Path 」 会期 : 2014年6月27日(金) – 8月23日(土) 開館時間 : 11:00 – 20:00(平日) / 11:00 – 18:30(土曜・祝日) 定休 : 日曜・月曜日(7月21日を除く) 会場 : Gallery916 住所 : 東京都港区海岸1-14-24 鈴江第3ビル 6F 入場料 : 800円、学生 / 500円 (Gallery916及び916small) 電話番号 : 03-5403-9161 WEB : http://www.gallery916.com

*オープニングレセプション 日時:6月27日(金)18:30~20:30 会場:Gallery916

*以下より展覧会情報をダウンロードしていただけます。(PDF ファイルサイズ:1MB)ns_20140618Puhu nin Amukaw #8

≫ read more text by Saori Azuma Gallery916にて個展「On the Mountain Path」を開催いたします。 はコメントを受け付けていません。