果てのレラ Rera Faraway

manager 2014.07.12
2009

 

果てのレラ #1

果てのレラ #1

果てのレラ #3

果てのレラ #3

果てのレラ #4

果てのレラ #4

果てのレラ #7

果てのレラ #7

果てのレラ #10

果てのレラ #10

果てのレラ #15

果てのレラ #15

 

 

三岸節子記念美術館 /(愛知)2009

三岸節子記念美術館 /(愛知)2009

 

今回の旅だが、一見すると南北への旅に映る部分があるのだが、実際にはそうではなく、先に北端へ降り立ったことで、実は南方へ、南方へと目指す旅となっていった。つまり日本の最北端スコトン岬に立った時、全ての日本が自分の南側に位置していることを知り、いつしか日本列島の根を探る旅となっていったということだ。また、最南端の島で聞いた、興味深い話しもここに記しておきたい。島の人々が存在することのない、南波照間島という島の存在を信じてきた歴史があるというのだ。それはやがてニライカナイ(我々の住むこの世界とは別の、もう一つの神々の国。あるいは異境。)の存在を巡る伝説へも発展してゆく。これは、古代から人間が「こちら」と「あちら」を結び留め、信仰を伝承し生き続けてきたことの証なのではないだろうか。

(「果てのレラ」展覧会カタログより)

≫ read more text by manager 果てのレラ Rera Faraway はコメントを受け付けていません。

See Bach See

manager 2014.07.11
2009
See Bach See #3

See Bach See #3

See Bach See #4

See Bach See #4

See Bach See #5

See Bach See #5

See Bach See #7

See Bach See #7

See Bach See #8

See Bach See #8

See Bach See #9

See Bach See #9

「See Bach See #8」「See Bach See #9」メルシャン軽井沢美術館/長野 2009

メルシャン軽井沢美術館/長野 2009

森をひらくこと、T.O.D.A./(栃木)2013

森をひらくこと、T.O.D.A./(栃木)2013

 

2009年、メルシャン軽井沢美術館で開催されたグループ展「もうひとつの森へ」のため、ドイツ南西部のSchwarzwald(黒い森)と呼ばれる地域で撮影した作品。

 

陽春の頃、ドイツにあるSchwarzwald(黒い森)を訪れた。早朝、森の始まりを予感させるような小さな樹に光が降り注いでいる。思わず身を縮め、枝を見つめる。樹は人と同じようなところがある。日々、伸びたい思いと広がりたい思いが絡み合い、大きな存在のそばで生き方を教わり育ちたいと願っている。ならば年月を味方につければよい。百年の歳月といまここで約束を結べばよい。

(雑誌『Esquire』 JUL. 2009 Vol.23 No.7より)

 

≫ read more text by manager See Bach See はコメントを受け付けていません。

「果てのレラ」展覧会カタログ

manager 2009.07.11
2009一宮市三岸節子記念美術館

果てのレラ 展覧会カタログ Rera Faraway

– 日本列島の最北端の礼文島、最南端の波照間島への旅によって生み出された作品。そもそも日本の端とはどこなのか、そして浮かび上がるこの国の姿・かたちとは。 この列島に散在する島々を訪れ、辿り着いた先に潜む世界…津田直の眼に映し出された新しい世界への感覚は、わたしたちが今いるこの場所から、遥か古の時代へと、そして見えない未来へと旅立たせてくれることでしょう。

(一宮市三岸節子記念美術館「果てのレラ」展プレスリリースより)

– 2009年7月11日発行 発行:一宮市三岸節子記念美術館 写真、テキスト:津田直

編集:平野恵美

デザイン:湯浅哲也

図版:カラー 写真

サイズ:215 × 215 × 18mm

フォーマット:変型 二つ折り 36p SOLD OUT

 

≫ read more text by manager 「果てのレラ」展覧会カタログ はコメントを受け付けていません。