作品集『やがて、鹿は人となる/やがて、人は鹿となる』を刊行しました!

Saori Azuma 2021.08.24
Eventually Deer Become Men / Eventually Men Become DeerhandpickedReborn-Art Festival『やがて、鹿は人となる/やがて、鹿は人となる』宮沢賢治東北須山悠里鹿踊り

先月、作品集『やがて、鹿は人となる/やがて、鹿は人となる』をhandpickedより刊行しました。

(プレスリリースより) 2018 年に出版したリトアニアを舞台にした写真集『Elnias Forest(エリナスの森)』 に続く、鹿を巡る物語『やがて、鹿は人となる/やがて、人は鹿となる』。 写真家・津田直は「Reborn-Art Festival 2019」への参加をきっかけに通うことになった 石巻の牡鹿半島を拠点に、さらに北への旅を通じて鹿踊りと出会い、宮澤賢治のことばを辿った。鹿踊りは東北地方を中心に受け継がれ、豊作祈願、鎮魂、先祖供養のために踊られる。一針一針手縫いされた衣装を纏い、鹿角を頭に付けて舞う鹿子たちの姿。そこに津田は自然と人間の狭間を行き来する鹿の存在を見つめる。やがて、その眼差しはすすきの原や海へと向けられていく。 東日本大震災から10年を経て、津田は天災によって失われた土地、人々の魂に捧げる静かなレクイエムとして、本冊子を上梓した。

『やがて、鹿は人となる/やがて、人は鹿となる』 Eventually, Deer Become Men / Eventually, Men Become Deer

著:津田直 発行:handpicked 仕様:A5変形判(H210mm×W155mm)中綴じ・蛇腹折・40ページ デザイン:須山悠里
定価:2,530円(本体2,300円+税10%)

『やがて、鹿は人となる/やがて、人は鹿となる』表紙 『やがて、鹿は人となる/やがて、人は鹿となる』中ページ4手紙を届けるような気持ちで綴じられた1冊となりましたので、書籍の取扱先につきましては、少しづつ増やしていきたいと思います。随時更新していきますのでよろしくお願いいたします。

【取扱書店、ショップ】 ・本屋青旗(福岡)*オンライン販売あり ・銀座蔦屋書店(東京) ・恵文社(京都)*オンライン販売あり ・ViVO,VA(兵庫) ・BOOKS AND PRINTS(静岡) ・Reborn-Art Festival 2021-2022  旧観慶丸インフォメーションセンター(宮城) *期間 8/11〜9/26 会期終了に伴い販売終了。曲線(宮城)*オンライン販売あり ・evam eva(山梨、東京、神奈川、北海道、愛知、京都、大阪、兵庫、広島、福岡 以下18店舗) *期間「秋展」9/17〜10/10 継続販売中。evam eva yamanashi 本店 – evam eva aoyama – evam eva kichijoji – evam eva jiyugaoka – evam eva marunouchi – evam eva nihombashi – evam eva futakotamagawa – evam eva omotesando – evam eva yokohama – evam eva sapporo – evam eva nagoya – evam eva kyoto – evam eva osaka – evam eva kitahama – evam eva namba – evam eva kobe – evam eva hiroshima – evam eva fukuoka ・TOGO BOOKS nomadik(大阪) ・Brisées(岡山)*オンライン販売あり ・MINOU BOOKS(福岡) ・sieca(兵庫)

≫ read more text by Saori Azuma 作品集『やがて、鹿は人となる/やがて、人は鹿となる』を刊行しました! はコメントを受け付けていません

Reborn-Art Online「鹿のゆくえ」が4ヶ国語にて公開されました!

Saori Azuma 2021.07.28
Reborn-Art FestivalReborn-Art OnlineTHE WHEREABOUTS OF DEERリボーンアートオンラインリボーンアートフェスティバル鹿のゆくえ

Reborn-Art Online_En01Reborn-Art Festivalのオンラインプロジェクト、Reborn-Art Online「鹿のゆくえ」が日本語に続き、英語、簡体字、繁体字の4ヶ国語で公開されました。 2019年から撮り始め作った作品を、コロナ禍によりオンラインで発表するという新たな試みです。これまでだと現地に足を運ばないと観ることができなかった作品がウェブ上にてご覧いただけます。どうぞお楽しみ下さい。

Reborn-Art Online  日本語:https://www.reborn-art-fes.jp/shikanoyukue/naotsuda/ 英語:https://www.reborn-art-fes.jp/en/shikanoyukue/naotsuda/ 簡体字:https://www.reborn-art-fes.jp/zh-CN/shikanoyukue/naotsuda/ 繁体字:https://www.reborn-art-fes.jp/zh-TW/shikanoyukue/naotsuda/ Reborn-Art Online_En02

≫ read more text by Saori Azuma Reborn-Art Online「鹿のゆくえ」が4ヶ国語にて公開されました! はコメントを受け付けていません

やがて、鹿は人となる/やがて、人は鹿となる

Tsuda Nao 2021.07.15
Eventually Deer Become Men / Eventually Men Become DeerhandpickedReborn-Art Festivalやがて、鹿は人となる/やがて、人は鹿となる宮澤賢治東北須山悠里鹿踊り

やがて、鹿は人となる/やがて、人は鹿となる Eventually, Deer Become Men / Eventually, Men Become Deer

Reborn-Art Festival 2019への参加をきっかけに通うことになった石巻の牡鹿半島を拠点に、さらに北への旅を通じて鹿踊りと出会い、宮澤賢治のことばを辿った。鹿踊りは東北地方を中心に受け継がれ、豊作祈願、鎮魂、先祖供養のために踊られる。一針一針手縫いされた衣装を纏い、鹿角を頭に付けて舞う鹿子たちの姿。そこに津田は自然と人間の狭間を行き来する鹿の存在を見つめる。やがて、その眼差しはすすきの原や海へと向けられていく。

東日本大震災から10年を経て、津田は天災によって失われた土地、人々の魂に捧げる静かなレクイエムとして、本冊子を上梓した。 (プレスリリースより)

2021年7月15日刊行 発行:handpicked 著:津田直 デザイン:須山悠里 仕様:A5変形判(H210mm×W155mm)/中綴じ/蛇腹折/40ページ ISBN:978-4-9910162-1-9 定価:2,300円+税

≫ read more text by Tsuda Nao やがて、鹿は人となる/やがて、人は鹿となる はコメントを受け付けていません

Reborn-Art Online「鹿のゆくえ」にて新作『やがて、鹿は人となる/やがて、人は鹿となる』を公開しました!

Saori Azuma 2021.03.19
Reborn-Art Festivalやがて、鹿は人となる/やがて、人は鹿となる鹿のゆくえ

Eventually, Deer Become Men / Eventually, Men Become Deer宮城県石巻市で開催されているReborn-Art Festival 2019から2021-22への繋ぎの年として、オンラインサイト「鹿のゆくえ」にて新作『やがて、鹿は人となる/やがて、人は鹿となる』を公開しました。

2019年より鹿を巡る物語を追い始め、二年に亘って牡鹿半島、東北にて制作した作品です。 是非ご高覧下さい。

『やがて、鹿は人となる/やがて、人は鹿となる』  https://www.reborn-art-fes.jp/shikanoyukue/naotsuda/ Reborn-Art Online「鹿のゆくえ」

≫ read more text by Saori Azuma Reborn-Art Online「鹿のゆくえ」にて新作『やがて、鹿は人となる/やがて、人は鹿となる』を公開しました! はコメントを受け付けていません

Reborn-Art Festival 2019が始まりました!

Saori Azuma 2019.08.03
Elnias ForestReborn-Art Festivalやがて、鹿は人となる/やがて、人は鹿となるエリナスの森小積牡鹿半島石巻鹿

「やがて、鹿は人となる/やがて、人は鹿となる」018/3(土)より約2ヶ月にわたって、宮城県石巻にて行われる芸術祭「Reborn-Art Festival」に参加しています。 牡鹿半島の小積エリアでは、”鹿に導かれ、私たちを見るとき”というテーマの元、淺井裕介、在本彌生+小野寺望、坂本大三郎+大久保裕子、志賀理江子、堀場由美子、津田直の6組のアーティストが、鹿解体処理場であるフェルメントを中心とし、原っぱの中に点在したプレハブ小屋にて展示を行っています。 津田はリトアニアをテーマにした『Elnias Forest』シリーズ(2018)、東北にて新たに撮影した『やがて、鹿は人となる/やがて、人は鹿となる』(2019)より作品を展示しています。 Reborn-Art Festivalへお越しの方は是非ご高覧下さい。 会期中に参加アーティスト同士のトークイベントも行う予定です。日時が決定次第、HPにてお知らせいたします。 「やがて、鹿は人となる/やがて、人は鹿となる」02

【Reborn-Art Festival 2019概要】 会期 2019年8月3日(土)~9月29日(日) ※水曜休祭予定(8月14日およびイベント開催日は除く。詳細は後日発表) ※網地島エリアは8月20日より開催 鑑賞時間 10:00〜16:00(土日祝日・8月13日〜16日のお盆期間は、10:00〜17:00) ※施設、作品によって異なる場合もありますので各作家のページてご確認ください。 会場 牡鹿半島、網地島、石巻市街地、松島湾 津田直作品展示概要 作品展示エリア:小積エリア 作品展示場所:宮城県石巻市小積 HP Reborn-Art Festival

〈Reborn-Art Festivalとは〉 Reborn-Art Festival(リボーンアート・フェスティバル)とは、2017年7月22日(土)から、 石巻・牡鹿地区を中心に51日間にわたって初めて開催され、豊かな自然を舞台に地元の人々と作りあげた、「アート」「音楽」「食」を楽しむことのできる新しいお祭りです。石巻・牡鹿地区は、東日本大震災で大きな被害を受けた地域の一つです。 ここに、国内外の現代アーティストが訪れ、地域と触れ合いながらアート作品をつくったり、さまざまなスタイルの音楽イベントがあったり、日本各地から集まった有名シェフたちが地元の人・食材と出会い、ここでしか味わえない食を提供したりと、たくさんの「出会い」を生み出す場となります。その「出会い」がきっかけとなり、地域復興や振興につながる様々な循環を生み出すことを目指しています。2回目となる2019年は、8月3日(土)〜9月29日(日)の58日間、宮城県の牡鹿半島と石巻市街地に加えて、網地島での開催します。

≫ read more text by Saori Azuma Reborn-Art Festival 2019が始まりました! はコメントを受け付けていません