Gallery916にて個展「On the Mountain Path」を開催いたします。

Saori Azuma 2014.06.17
BhutanGallery 916On the Mountain PathPhilippinesSwitzerland

REBORN#32(Gallery916 HPより) 写真家・津田直の制作はフィールド・ワークにはじまると言っても良いだろう。本人の言葉を借りれば「遠くに行くのではない。僕は来た場所へ戻ろうとしている。」ということなのかもしれない。近年その活動領域は益々広大なものとなっています。 本展では、ブータンでチベット密教の原点や信仰の在り方に迫ったシリーズ『REBORN(Scene 3)』、スイス・ヴァレー地方で千年以上前からの人々の暮らしを支えてきた水路を追ったシリーズ『NOAH』。そして今春、フィリピン・ルソン島のピナ トゥボ火山エリアを巡り撮影した新作『Puhu nin Amukaw』(アエタ族の言葉で「バナナの心」の意) の3シリーズから、厳選された42点を展覧致します。 よく目を凝らすと視点の先には、作家が触れようとしている原初の姿を残す信仰や営み、行き交う人々の気配や痕跡が見えてきます。津田直の新たなランドスケープを、是非ともこの機にご高覧ください。

人や動物によって踏み固められた山道をひたすら歩き、太陽が沈むように、限りある一 日の力が尽きたところで足を止め、そこに眠り、朝を迎える。昨夏レジデンスでスイス・ヴァレー地方に滞在して以来、山中で過ごす日々が続いている。秋口に は近年通っているブータン王国にて、チョモラリ・トレックに挑んだ。機材や食材、テントなど数百キロとなる荷を積み、アシスタントとガイド、コック2人に 馬11頭、馬飼いの青年を連れての旅立ちだった。歩行から思考を開拓し、作られた地図を広げるのではなく、聳えるヒマラヤの高峰を眺めながら位置を定め、 氷蝕のU字谷をゆく。今春、僕は新たなる旅に出た。向かったのは、フィリピン・ルソン島のピナトゥボ火山周域。そこは1991年に20世紀最大規模の自然 災害とも言われた大噴火の起きた場所。果たして全ては失われたのか。行くとそこには、灰色の川の中に道が延びていた。(津田直)

[開催概要] 「On the Mountain Path 」 会期 : 2014年6月27日(金) – 8月23日(土) 開館時間 : 11:00 – 20:00(平日) / 11:00 – 18:30(土曜・祝日) 定休 : 日曜・月曜日(7月21日を除く) 会場 : Gallery916 住所 : 東京都港区海岸1-14-24 鈴江第3ビル 6F 入場料 : 800円、学生 / 500円 (Gallery916及び916small) 電話番号 : 03-5403-9161 WEB : http://www.gallery916.com

*オープニングレセプション 日時:6月27日(金)18:30~20:30 会場:Gallery916

*以下より展覧会情報をダウンロードしていただけます。(PDF ファイルサイズ:1MB)ns_20140618Puhu nin Amukaw #8

≫ read more text by Saori Azuma Gallery916にて個展「On the Mountain Path」を開催いたします。 はコメントを受け付けていません。