NOAH-Crossing Views

manager 2014.06.15

 

「Crossing Views I」展覧会カタログ

 -

2014年6月15日発行

発行:CMarts

参加アーティスト:津田直、垣本泰美、今井智己、小瀬村真美+土屋貴哉

テキスト:港千尋、ナタリー・エルシュドーファー、編集:菊田樹子

アートディレクション:町口覚、デザイン:小関悠子(マッチアンドカンパニー)

182x182mm/36p x 4 blocks

限定700部

価格:3,500円+税

» read more text by manager コメントは受け付けていません。

 

国際交流基金 巡回写真展

「TOHOKU Through the Eyes of Japanese Photographers」展覧会カタログ

 -

2012年発行

発行:国際交流基金

出品作家:千葉禎助、小島一郎、芳賀日出男、内藤正敏、大島洋、林明輝、田附勝、仙台コレクション、津田直、畠山直哉

テキスト:飯沢耕太郎

» read more text by Tsuda Nao コメントは受け付けていません。

126 POLAROID ―さよならからの出会い― 展覧会カタログ

-

2008年、生産中止という一つの終焉を機に多摩美術大学がスタートさせた「さよならポラロイド」展。東京、京都、大阪へとタイトルを変えながら続いて来たこのポラロイドを “偲ぶ会” はフィルムの再生産という知らせと共に、新しい可能性を歓び祝う “出会いの会” として横浜美術館で新たなスタートを切る―「126 POLAROID -さよならからの出会い-」展。

 

写真家、美術家、研究者、学生と、様々な背景を持ちここに集う126組の映し出した色はわたしたちにどのような出会いをもたらしてくれるだろうか?ユーモアに富んだデザインにも心躍る、スタイリッシュな図録。

 

主な出展作家:荒木経惟、杉本博司、港千尋、森山大道、飯沢耕太郎、石川直樹、石塚元太良、石田尚志、大木裕之、大日方欣一、かわなかのぶひろ、倉石信乃、斎木克裕、沢渡朔、新津保建秀、杉戸洋、鈴木志郎康、津田直、萩原朔美、藤代冥砂、元田敬三、森北伸、屋代敏博、若木信吾 他

- 2010年8月7日刊行 発行:赤々舍

アートディレクション : 半田淳也 B5変形 182 × 257mm 並製本/160p ISBN:978-4-903545-62-2 C0072 定価:2,800円+税

 

 

This special volume, published in conjunction with a 2010 exhibition at the Yokohama Museum of Art, was intended to commemorate the end of Polaroid film. In addition to showing Polaroids from a wide range of Japanese photographers, “126 Polaroid” includes four essays (translated into English) reflecting on the format. Some of the most influential photographers in Japan are represented in this book, including Hiroshi Sugimoto, Nobuyoshi Araki and Daido Moriyama. While it eventually came to light that Polaroid film would be produced by a third party, “126 Polaroid” is an important meditation on the way that this technology has affected photography. Marveling at the way that so many different photographers could be brought together “without a hitch,” critic Kotaro Iizawa writes: “I can only conclude that there must be some sort of strange and astounding magnetic field acting upon the movement surrounding Polaroid photography.”

 

» read more text by manager コメントは受け付けていません。

BEAMING ARTS #002 小冊子

manager 2009.12.16

BEAMING ARTS #002 小冊子

-

ファッションブランドBEAMSの中で、BEAMING ARTSという”アートをお客様にプレゼントする”というコンセプトで行われているプロジェクトにて、2009年11月20日−12月25日のクリスマスシーズンの期間、「See Bach See」シリーズがモチーフとなり、ショッピングバッグ、ディスプレイウィンドウ、カタログなど様々な表現に用いられ、全国のBEAMS各店にて展開された。

そのプロジェクトに合わせて作られた小冊子。

-

2009年11月発行

発行:BEAMS

インタビュー:BEAMING ARTS ×津田直

デザイン、店舗写真:豊永政史

» read more text by manager コメントは受け付けていません。

「果てのレラ」展覧会カタログ

manager 2009.07.11
2009一宮市三岸節子記念美術館

果てのレラ 展覧会カタログ Rera Faraway

- 日本列島の最北端の礼文島、最南端の波照間島への旅によって生み出された作品。そもそも日本の端とはどこなのか、そして浮かび上がるこの国の姿・かたちとは。 この列島に散在する島々を訪れ、辿り着いた先に潜む世界…津田直の眼に映し出された新しい世界への感覚は、わたしたちが今いるこの場所から、遥か古の時代へと、そして見えない未来へと旅立たせてくれることでしょう。

(一宮市三岸節子記念美術館「果てのレラ」展プレスリリースより)

- 2009年7月11日発行 発行:一宮市三岸節子記念美術館 写真、テキスト:津田直

編集:平野恵美

デザイン:湯浅哲也

図版:カラー 写真

サイズ:215 × 215 × 18mm

フォーマット:変型 二つ折り 36p SOLD OUT

 

» read more text by manager コメントは受け付けていません。

「もうひとつの森へ」展覧会カタログ

manager 2009.04.14
メルシャン軽井沢美術館

 

TAKE ME OUT TO THE WONDER FOREST

もうひとつの森へ 展覧会カタログ - あらゆるものが共生し、存在しあう豊かな森。私たちには想像し得ない不思議なチカラと深い魅力を秘めたその存在は、古くから人々の想像力を膨らませてきました。そして、神話からおとぎ話に至るまで、様々な物語が生まれました。 本展では、三沢厚彦、マイ・ホグスタッド・グネス、津田直、佐々木愛の各作家が、それぞれの分野である彫刻、映像、写真、インスタレーションにより、体験や記憶、想像の世界を通して「もうひとつの森」を浮かび上がらせます。 (「もうひとつの森へ」展覧会案内状より)

- 2009年4月発行 発行:メルシャン軽井沢美術館

参加アーティスト:三沢厚彦、マイ・ホフスタッド・グネス、津田直、佐々木愛 テキスト:豊嶋秀樹、工藤千愛子

デザイン:坂田佐武郎(graf)

企画協力:graf media gmA fertile forest is where everything live and exist in harmony with nature. Its existence having unimaginable mysterious power and deep attractiveness has long expanded imagination in people’s minds since ancient times. Many stories, from myths to fairy tales, are said to have originated there.In this exhibition, each artist, Atsuhiko Misawa, Mai Hofstad Gunnes, Nao Tsuda, and Ai Sasaki unfolds each field of sculpture, video, photograph, and installation, bringing into surface “the Wonder Forest” through each experience, memory, and imagination. (From the exhibition card of “TAKE ME OUT TO THE WONDER FOREST”)

» read more text by manager コメントは受け付けていません。

SMOKE LINE 展覧会カタログ - 千年単位のスケールでランドスケープと向き合う写真家 津田直。

風に導かれ、辿り着いたのは中国、モロッコ、モンゴル。遊牧民、少数民族と時を共にし独自の風景論を唱う。作家のまなざしを通して、世界をつなぐ透明な帯「SMOKE LINE」が見えてきます。

(展覧会案内状より) - 2008年11月30日発行 発行:資生堂企業文化部 テキスト:池澤夏樹(小説家・詩人・批評家・翻訳家)、森本美穂(資生堂ギャラリー) SOLD OUT

» read more text by manager コメントは受け付けていません。

「狭間の旅人」 展覧会冊子 [湖心]

manager 2008.06.07
grab media gm

「狭間の旅人」展覧会冊子 [湖心]

- 「室礼 湖心について」

二〇〇七年の秋、一冊の本が生まれた。 「漕」と名付けられたその本には我々の三年間に渡る琵琶湖への旅路の覚書と湖の息づかいが綴られている。燃えて姿を消した舟の事や、鏡のように月を映す湖面の事。気まぐれな風がおこすさざ波を追って瞳に湖を宿した老婆と出会えた事もあった。旅での出来事全ては声なき湖に与えられた水の記憶への幽かな糸口であった。そこを辿るうちに我々は二つの道を歩んでいた。一本は湖の中心へ、もう一本は心の中へと。 道は時折交わりながら深く続き、今再び中之島のグラフメディア・ジーエムで重なる。二本の道を結び、我々の旅は一旦終りを迎える。旅路で拾い、ここまで引き連れてきた物達にどうか耳を傾けてほしい。我々はそこに湖の声を封じ込めたはずだから。

最後に言っておきたいことがある。我々は湖の真ん中に立った訳ではない。心の真ん中に湖を見つけるに至ったという事を。

(冊子本文より) - 2008年6月7日発行 発行:graf media gm テキスト:片桐功敦(華道家)、津田直 SOLD OUT

» read more text by manager コメントは受け付けていません。

ドキュメント福島|日本の視点、福島との対話 展覧会カタログ

Japanese Point of View, Encounter in Fukushima - 「日 月 五星」 日から月へやがて五星を廻って土は日を見る。 それは眠りから覚めるころの話で土は日が昇るとともに地面の奥へと姿をひそめる。

平安時代からこの暦が一度たりと狂うことなく受け継がれている。

日は月を背に、月は火から遠のき、火は水に浸り、水は木を育て、木は金星を指してきた。東の空に金星が輝く頃、土は少しずつ気温を上げて、一気に風に乗り、砂は地球を何周もしてゆく。日は光りでもって陰を消し去り、自らを燃やしながら世界を照らしている。日は今までに送り出してきたエネルギーと同じ量の光りはまだ持ち続けているという。

ひとときの七曜として生きている。 世界を照らし続けている。 (「七曜」本文より) - 2006年7月29日発行 発行:福島県立美術館

参加作家:朝岡あかね、瀬戸正人、津田直 テキスト:酒井哲朗、荒木康子

デザイン:秋山伸+松井健太郎/schtucco

編集:荒木康子/福島県立美術館

 

» read more text by manager コメントは受け付けていません。

眠りの先―夜をひきつれて Beyond SleepingーCarrying Night Along 展覧会カタログ

眠りの先―夜をひきつれて 展覧会カタログ Beyond Sleeping—Carrying Night Along - 津田の作品を前にすると、写真からトポグラフィックな地名が消え、見慣れた地図のなかからむくむくと新しい地図が立ち現れてくる。 目に見える境界と目に見えない心理的な境界の両方を軽々と飛び越え、あらゆる枠組みから解放されて、見る者は誰でもない一人の“わたし”として、そこにある一つの世界と向き合わざるをえないのだ。 (『眠りの先―夜をひきつれて』本文より)

2006年3月刊行 発行・編集:株式会社資生堂企業文化部 テキスト:石川直樹(冒険家・写真家)

 

 

When we look at Tsuda’s work, the topographic place names disappear from the photographs, and new maps slowly emerge from the depths of the maps we have grown accustomed to. The viewer finds himself leaping easily over both visible boundaries and invisible, psychological boundaries, freed from any kind of framework, and forced to confront the world that emerges as an unnamed “I”.

(From the text of Beyond Sleeping—Carrying Night Along)

» read more text by manager コメントは受け付けていません。

pb_gm_number008

news gm number 008 September 2005 冊子-「海から山に与えられたもの」 津田直-2005年9月25日刊行発行 : decorative mode no.3 design products inc.
» read more text by manager コメントは受け付けていません。