TRIBUTE FROM GREEN FOREST

manager 2016.01.06

 

青い森から、繋ぐTRIBUTE FROM GREEN FOREST −津田が一万年以上も続いたとされる縄文時代に関心を寄せ,フィールドリサーチに訪れた青森県の三内丸山遺跡で,重要文化財でもある通称「縄文ポシェット」と呼ばれる縄文時代に使われていた編籠に出会い,それを現代の我々へと繋げるプロジェクトへと発展させたことは,これまでの津田の活動を知っているものならば,なんら不思議はなく,あの写真家が,また,時間を旅する新たなタイムマシーンを引き寄せたのだと,そう思うだろう。ただ,今回,いつもと違うのは,津田はプロジェクトを展開するにあたり,吉田カバンとの協働を行なった。青森で出会った縄文時代のポシェットを現代に繋ぎ,当時の人々の営みと我々の現在との関係性を,もう一度,見つめ直すための出会いがそこにはあった。「約5500年前の縄文ポシェットを初めて見た瞬間は,忘れることができません。細かく見れば人の手に依って編まれた形状が十分見て取れた。僕はフィールドワークを通して,今まで様々な物に出会ってきたけれど,一つのモノと向き合い,その時代とか地域とかではなく,一個人の気配みたいなものを感じられた時に,初めてその場所に立つ事が出来たなという実感が湧いてくる。その瞬間,5500年前の時間と現代が近いものとなり,繋がっているのだとあらためて気づかされます。」(『TRIBUTE FROM GREEN FOREST』本文より テキスト 兼平彦太郎)

本作品集は、2015年11月にクラチカ ヨシダ 表参道 the PORTER Galleryにて開催された展覧会「青い森から、繋ぐ」に合わせて出版いたしました。2015年11月刊行発行:株式会社吉田写真:津田直 テキスト:兼平彦太郎 アートディレクション/デザイン:田中義久226 x 265mm/36p/フルカラー/図版数14 点/日英バイリンガル定価:4,000 円+税After being drawn to the culture of the Jomon period, an era said to have spanned more than ten thousand years, Tsuda visited the Sannai-Maruyama site in Aomori on a fieldwork and encountered Jomon pochette, the woven basket that was registered as an Important Cultural Property. In light of his previous work, it came as no surprise that this remain of ancient culture led him to undertake another project that resonates with our modern society. It’s as though the photographer has once again used a time machine to travel back in time.One point of difference is that this project was developed in collaboration with Yoshida & Co., Ltd. The project led both parties to re-evaluate the relationship between our lives and those of our ancient ancestors through the recreation of the pochette in a modern context.“I cannot forget the moment when I saw the Jomon pochette, which had been made about 5,500 years ago. I could still clearly see the handiwork of the person who had woven it. I see many things during my fieldwork, but when a trace of a person – not just the distant scent of the period or region, surfaces on an object – I feel as though I’m finally at the destination. When that occurred with the pochette, the flow of time from 5,500 years ago was connected to the present day, making me realize that ancient time had kept streaming forward without interruption.”(From the text of TRIBUTE FROM GREEN FOREST, text by Hikotaro Kanehira)

» read more text by manager コメントは受け付けていません。

NAGA

manager 2015.05.14

 

NAGA

-

「NAGA」は、前作「SAMELAND」に続く、フィールドワークから生まれた写真集の第二弾となります。

密林に覆われた山道、丘陵に並ぶ竹で編まれた家々、鮮やかな色彩の民族衣装と入れ墨、闇夜の儀式、動物の顔が彫り込まれた木製ドラム、歌い踊る人影、跪き祈りを捧げる子供達…

撮影地となったミャンマー・ザガイン管区は、インドとミャンマーに跨りナガ族が暮らす地域です。奥深い山の尾根に住まう彼らは狩猟採集を中心とし、外の世界と距離を置き、独自の自然信仰を受け継ぎ生きてきました。日々山の中を歩き獲物を捕らえ、逞しく暮らす彼らの身体性や身に纏う赤と黒を基調とした力強い色彩の布地などに惹きつけられ、津田は二度に渡りナガ族の土地を訪れることになります。その中で津田は、近代化の流れを受けキリスト教文化へと変容していったナガ族の生き方と出会ってゆきます。古くはモンゴロイドに属するナガ族は、我々のルーツと照らし合わせてみても、案外かけ離れた存在ではないのかもしれません。

(POST「NAGA」展プレスリリースより)

-

2015年2月刊行

発行:limArt

写真:津田直

テキスト:飯沢耕太郎、津田直

アートディレクション/デザイン:田中義久

編集:中島佑介(POST)

発行:limArt

182mm x 220mm/144ページ/フルカラー/65図版
初版

1000部

ISBN:978-4-9907173-5-3

価格:3,200円+税

 

“NAGA” is the second publication following “SAMELAND”, a photo book sourced from Nao Tsuda’s fieldwork.

The mountain trail covered in thick forest, houses weaved out of bamboo lining the hill, brightly colored native attire and tattoos, wooden drums with an animal face carving, shadows of dancing people, and children praying on their knees…
This is the Sagaing Region Myanmar, which extends the borders of India and Myanmar, where the Naga people call home. The Naga people have been living by hunting and farming on the ridge of the deep in the forest, separate from the outside world, passing down their unique indigenous Animism beliefs. Hunting for prey on foot in the mountains daily, the courageous Naga people’s embodiment of strength and striking red and black clothes fascinated and beckoned Tsuda to visit the land of the Naga people twice. Through his travels, Tsuda encounters the Naga people’s way of living as it sees gradual influenced through modernization and the influx of Christian culture. In ancient times the Naga people were part of the Mongoloid family, and their genetic roots might not be too far removed from our own.

(From the press release of “NAGA” exhibition at POST)

» read more text by manager コメントは受け付けていません。

NOAH-Crossing Views

manager 2014.06.15

 

「Crossing Views I」展覧会カタログ

 -

2014年6月15日発行

発行:CMarts

参加アーティスト:津田直、垣本泰美、今井智己、小瀬村真美+土屋貴哉

テキスト:港千尋、ナタリー・エルシュドーファー、編集:菊田樹子

アートディレクション:町口覚、デザイン:小関悠子(マッチアンドカンパニー)

182x182mm/36p x 4 blocks

限定700部

価格:3,500円+税

» read more text by manager コメントは受け付けていません。

SAMELAND

Tsuda Nao 2014.02.13

 

SAMELAND

-

写真家、津田直は極北の先住民であるサーメ人たちに出会うため、2012 年の初夏に、フィンランドとノルウェーを訪ねました。

サーメ人たちは、1 万年前に鹿の群れを追って現在の土地にたどり着いたと言われています。

人々の暮らす土地は、北緯66 度33 分以北の北極圏に位置し、その土地には彼らの祖先たちがその場所に辿り着いた時と変わらぬ風景がそのまま残され、人々は現代社会に順応しながらも、以前と変わらぬ文化を大切に引き継ぎ、今もサーメの伝統や精神を継承しつづけています。

サーメランドを訪ねた津田は、その土地で内陸部と海岸部を季節に応じて移動しながらトナカイ放牧を生活の糧として暮らすサーメ人が、夜を徹して行うポロ・メルキトスというトナカイの親子を照合する行事に立ち会います。また出会った男達に連れられ、かつての聖地に立ち自然信仰に触れ、サーメの生き方に近づいてゆきます。

日本から遥か遠くに離れていると感じる極北の地ですが、どこか日本のアイヌとも類似点があり、親しみを感じさせてくれるサーメ人。

(POST「SAMELAND」展プレスリリースより)

-

2014年2月刊行

発行:limArt 写真:津田直 テキスト:管啓次郎、津田直 アートディレクション/デザイン:田中義久

編集:中島佑介(POST)

182×220mm/144p/フルカラー/60図版 初版1000部 ISBN:978-4-9907173-3-9 価格:3,000円+税Photographer, Nao Tsuda travelled to Finland and Norway in the early summer of 2012, to meet indigenous people of the Far North, the Sami.The Sami are known to have reached the area ten-thousand years ago, chasing a herd of deer. People live in the Arctic area north of latitude 66°30’ N, where landscape remains to be similar to what their ancestors encountered when they finally arrived at the place. While adapting to the present-day society, they have kept handing over unchanging culture carefully from one generation to the next, continuing to restore old Sami traditions and spirits.The Sami rely on reindeer herding for their living, moving between inland and coastline grazing lands depending on seasons. While visiting Sameland, Tsuda comes across a Sami event called Poromerkitys, which is an all-night reindeer checkings of mother-child relationship and calf markings. Tsuda is also guided to a sacred spot of the past where people worshipped nature and approaches life style of the Sami.The Far North area seems to be quite distant from Japan, but similarities are seen between the Ainu people of Japan, making Tsuda feel very close to the Sami.(From the press release of “SAMELAND” exhibition at POST)

» read more text by Tsuda Nao コメントは受け付けていません。

 

国際交流基金 巡回写真展

「TOHOKU Through the Eyes of Japanese Photographers」展覧会カタログ

 -

2012年発行

発行:国際交流基金

出品作家:千葉禎助、小島一郎、芳賀日出男、内藤正敏、大島洋、林明輝、田附勝、仙台コレクション、津田直、畠山直哉

テキスト:飯沢耕太郎

» read more text by Tsuda Nao コメントは受け付けていません。

Storm Last Night

manager 2010.10.01

 

Storm Last Night

-

風景が信仰の対象だった古代を、アイルランドに辿る旅。

自身の記憶も遡りながら、キリスト教以前の、世界の原点に触れる。

大西洋に浮かぶ島々の断崖で、嵐が過ぎ去った海岸線に残された聖跡を渡り歩く。

(『Storm Last Night』DMより)

-

2010年11月1日刊行 発行:赤々舍

写真、テキスト:津田直

アートディレクション : 須山悠里 180 × 360mm/上製/96p ISBN:978-4-903545-65-3 C0072 定価:5,000円+税It was a trip to Ireland, to the ancient times when landscape was the object of belief.

While searching his memory, he came into contact with the origin of the world prior to Christianity.

At cliffs on small islands in the Atlantic, he walked from one holy site to another, remaining on the coastline after a storm.

(From Storm Last Night  photo book card)

» read more text by manager コメントは受け付けていません。

126 POLAROID ―さよならからの出会い― 展覧会カタログ

-

2008年、生産中止という一つの終焉を機に多摩美術大学がスタートさせた「さよならポラロイド」展。東京、京都、大阪へとタイトルを変えながら続いて来たこのポラロイドを “偲ぶ会” はフィルムの再生産という知らせと共に、新しい可能性を歓び祝う “出会いの会” として横浜美術館で新たなスタートを切る―「126 POLAROID -さよならからの出会い-」展。

 

写真家、美術家、研究者、学生と、様々な背景を持ちここに集う126組の映し出した色はわたしたちにどのような出会いをもたらしてくれるだろうか?ユーモアに富んだデザインにも心躍る、スタイリッシュな図録。

 

主な出展作家:荒木経惟、杉本博司、港千尋、森山大道、飯沢耕太郎、石川直樹、石塚元太良、石田尚志、大木裕之、大日方欣一、かわなかのぶひろ、倉石信乃、斎木克裕、沢渡朔、新津保建秀、杉戸洋、鈴木志郎康、津田直、萩原朔美、藤代冥砂、元田敬三、森北伸、屋代敏博、若木信吾 他

- 2010年8月7日刊行 発行:赤々舍

アートディレクション : 半田淳也 B5変形 182 × 257mm 並製本/160p ISBN:978-4-903545-62-2 C0072 定価:2,800円+税

 

 

This special volume, published in conjunction with a 2010 exhibition at the Yokohama Museum of Art, was intended to commemorate the end of Polaroid film. In addition to showing Polaroids from a wide range of Japanese photographers, “126 Polaroid” includes four essays (translated into English) reflecting on the format. Some of the most influential photographers in Japan are represented in this book, including Hiroshi Sugimoto, Nobuyoshi Araki and Daido Moriyama. While it eventually came to light that Polaroid film would be produced by a third party, “126 Polaroid” is an important meditation on the way that this technology has affected photography. Marveling at the way that so many different photographers could be brought together “without a hitch,” critic Kotaro Iizawa writes: “I can only conclude that there must be some sort of strange and astounding magnetic field acting upon the movement surrounding Polaroid photography.”

 

» read more text by manager コメントは受け付けていません。

BEAMING ARTS #002 小冊子

manager 2009.12.16

BEAMING ARTS #002 小冊子

-

ファッションブランドBEAMSの中で、BEAMING ARTSという”アートをお客様にプレゼントする”というコンセプトで行われているプロジェクトにて、2009年11月20日−12月25日のクリスマスシーズンの期間、「See Bach See」シリーズがモチーフとなり、ショッピングバッグ、ディスプレイウィンドウ、カタログなど様々な表現に用いられ、全国のBEAMS各店にて展開された。

そのプロジェクトに合わせて作られた小冊子。

-

2009年11月発行

発行:BEAMS

インタビュー:BEAMING ARTS ×津田直

デザイン、店舗写真:豊永政史

» read more text by manager コメントは受け付けていません。

「果てのレラ」展覧会カタログ

manager 2009.07.11
2009一宮市三岸節子記念美術館

果てのレラ 展覧会カタログ Rera Faraway

- 日本列島の最北端の礼文島、最南端の波照間島への旅によって生み出された作品。そもそも日本の端とはどこなのか、そして浮かび上がるこの国の姿・かたちとは。 この列島に散在する島々を訪れ、辿り着いた先に潜む世界…津田直の眼に映し出された新しい世界への感覚は、わたしたちが今いるこの場所から、遥か古の時代へと、そして見えない未来へと旅立たせてくれることでしょう。

(一宮市三岸節子記念美術館「果てのレラ」展プレスリリースより)

- 2009年7月11日発行 発行:一宮市三岸節子記念美術館 写真、テキスト:津田直

編集:平野恵美

デザイン:湯浅哲也

図版:カラー 写真

サイズ:215 × 215 × 18mm

フォーマット:変型 二つ折り 36p SOLD OUT

 

» read more text by manager コメントは受け付けていません。

近づく[増補版] Coming Closer

manager 2009.07.01
AKAAKAhiromiyoshii

 

近づく

Coming Closer

-

「Yellow」

二つのYellowは一日中ただ風に吹かれている

そのことを知っているのは人間ではない 風景である

その一つは湖面に打ち立てられたフラッグ

もう一つは水蒸気の昇る噴出口に溜まった硫黄の色である

 

それは同時に距離でもある

 

人間には目に見える世界へ名前を与えてきた歴史がある

しかし見えない世界に付けられた名前は未だに少ない

だから見えない世界は音として呼ばれることは少ない

 

風を風だけでは見ないように

 

2003年2月14日

僕は湖の上を歩いていた

足元は石の様に固く凍りつき湖が光っていた

地図は無かった

(『近づく』本文より) 2005年に発表したコンセプトブック、待望の増補版。未発表の作品を新たに収載し、制作中に書かれた言葉とともに織り成す。

-

2009年7月刊行 発行:AKAAKA+hiromiyoshii

写真、テキスト:津田直

アートディレクション:秋山伸+森大志郎 114×176mm 並製/200p ISBN 978-4-903545-45-5 C0072 定価:1,500円+税

 

 

“Yellow”

 

The two Yellow’s are continuously blown by wind all day

Not noticed by human beings

Only landscape knows the reality

One is flags standing on the surface of the lake

The other is the color of accumulated sulfur when steam spouts out

 

Both showing distance

 

People have, historically, given names to the visual world

However, only few names have been given to the non-visual world

Therefore, non-visual world is rarely expressed by voice

 

Just as we do not visualize wind as just wind…..

 

February 14, 2003

I was walking on the lake

The frozen lake underneath my feet was as hard as stone and was glimmering

No map was in existence

(From the text of Coming Closer)A long-awaited enlarged edition of a concept book which was published in 2005. It includes unpublished new photos along with words written in process.

 

» read more text by manager コメントは受け付けていません。

SMOKE LINE

manager 2009.07.01
赤々舎

SMOKE LINE

-

世界を透明に見通すには、目を瞑ることを恐れてはならない。

世界は透明な帯で保たれているのだ。

すなわち風の河。

その結び目に高峰や大河があり、目には映らない日さえある。

だから僕たちは、透明な帯の端を決して手放してはならない。

(『SMOKE LINE』本文より)

-

2008年11月1日刊行 発行 : 赤々舎

写真、テキスト:津田直

アートディレクション : 秋山伸 A3変形/上製/64p ISBN 978-4-903545-36-3 C0072 定価 : 5000円+税

 

 

To obtain a clear vision of the world, do not be afraid to close your eyes.

The world is preserved with an invisible sash.

That is, in other words, by windstreams.

High peaks and big rivers appear as liasons, not even visualized by our eyes for days.

For this reason, we must cling onto the tip of the sash.

(From the text of SMOKE LINE)

» read more text by manager コメントは受け付けていません。

「もうひとつの森へ」展覧会カタログ

manager 2009.04.14
メルシャン軽井沢美術館

 

TAKE ME OUT TO THE WONDER FOREST

もうひとつの森へ 展覧会カタログ - あらゆるものが共生し、存在しあう豊かな森。私たちには想像し得ない不思議なチカラと深い魅力を秘めたその存在は、古くから人々の想像力を膨らませてきました。そして、神話からおとぎ話に至るまで、様々な物語が生まれました。 本展では、三沢厚彦、マイ・ホグスタッド・グネス、津田直、佐々木愛の各作家が、それぞれの分野である彫刻、映像、写真、インスタレーションにより、体験や記憶、想像の世界を通して「もうひとつの森」を浮かび上がらせます。 (「もうひとつの森へ」展覧会案内状より)

- 2009年4月発行 発行:メルシャン軽井沢美術館

参加アーティスト:三沢厚彦、マイ・ホフスタッド・グネス、津田直、佐々木愛 テキスト:豊嶋秀樹、工藤千愛子

デザイン:坂田佐武郎(graf)

企画協力:graf media gmA fertile forest is where everything live and exist in harmony with nature. Its existence having unimaginable mysterious power and deep attractiveness has long expanded imagination in people’s minds since ancient times. Many stories, from myths to fairy tales, are said to have originated there.In this exhibition, each artist, Atsuhiko Misawa, Mai Hofstad Gunnes, Nao Tsuda, and Ai Sasaki unfolds each field of sculpture, video, photograph, and installation, bringing into surface “the Wonder Forest” through each experience, memory, and imagination. (From the exhibition card of “TAKE ME OUT TO THE WONDER FOREST”)

» read more text by manager コメントは受け付けていません。

SMOKE LINE 展覧会カタログ - 千年単位のスケールでランドスケープと向き合う写真家 津田直。

風に導かれ、辿り着いたのは中国、モロッコ、モンゴル。遊牧民、少数民族と時を共にし独自の風景論を唱う。作家のまなざしを通して、世界をつなぐ透明な帯「SMOKE LINE」が見えてきます。

(展覧会案内状より) - 2008年11月30日発行 発行:資生堂企業文化部 テキスト:池澤夏樹(小説家・詩人・批評家・翻訳家)、森本美穂(資生堂ギャラリー) SOLD OUT

» read more text by manager コメントは受け付けていません。

SMOKE LINE オリジナル・プリント付き 特装版

manager 2008.10.17
AKAAKAhiromiyoshii

SMOKE LINE オリジナル・プリント付特装版

 -

写真集に未収録カットを加え、ケースに収めた『SMOKE LINE』特装版。 モノクロプリント(8×10inch/Gelatine Silver Print)もしくはカラープリント(8×10inch/C-print)のいずれかをお選びいただけます。 2009年7月刊行 発行 : AKAAKA+hiromiyoshii

写真、テキスト:津田直

アートディレクション : 秋山伸 A3変形/上製/限定各25冊 特装ケース入り/64p 定価:50,000円+税- 特装版のお問い合わせは赤々舎まで。 http://www.akaaka.com/

 

» read more text by manager コメントは受け付けていません。

「狭間の旅人」 展覧会冊子 [湖心]

manager 2008.06.07
grab media gm

「狭間の旅人」展覧会冊子 [湖心]

- 「室礼 湖心について」

二〇〇七年の秋、一冊の本が生まれた。 「漕」と名付けられたその本には我々の三年間に渡る琵琶湖への旅路の覚書と湖の息づかいが綴られている。燃えて姿を消した舟の事や、鏡のように月を映す湖面の事。気まぐれな風がおこすさざ波を追って瞳に湖を宿した老婆と出会えた事もあった。旅での出来事全ては声なき湖に与えられた水の記憶への幽かな糸口であった。そこを辿るうちに我々は二つの道を歩んでいた。一本は湖の中心へ、もう一本は心の中へと。 道は時折交わりながら深く続き、今再び中之島のグラフメディア・ジーエムで重なる。二本の道を結び、我々の旅は一旦終りを迎える。旅路で拾い、ここまで引き連れてきた物達にどうか耳を傾けてほしい。我々はそこに湖の声を封じ込めたはずだから。

最後に言っておきたいことがある。我々は湖の真ん中に立った訳ではない。心の真ん中に湖を見つけるに至ったという事を。

(冊子本文より) - 2008年6月7日発行 発行:graf media gm テキスト:片桐功敦(華道家)、津田直 SOLD OUT

» read more text by manager コメントは受け付けていません。

漕 Kogi

manager 2007.10.01

Kogi

-

奥琵琶湖の語る記憶に耳を傾ける事から、2005年の晩夏に写真家・津田直の旅は始まった。 途中「漕ぎだし」(2005年・秋)、「湖上の月と二刻の唄」(2006年・秋)という二度の展覧会に於いて彼が聞いた琵琶湖という風景の独白は報告=作品化された。 そして2007年。 水の記憶に耳を傾けて三年、風景は自らを語り終えようとしている。 月、波、舟、雨、煙、そして遠くの人の声。。。

(主水書房主宰・片桐功敦テキストより) - 2007年10月1日刊行 発行 : 主水書房

写真・ことば・線描・装丁:津田直

挿花:片桐功敦

プリンティングディレクション:築山万里子 B5版/上製/219p ISBN 978-4-9903819-0-5 定価 : 6000円+税

» read more text by manager コメントは受け付けていません。

ドキュメント福島|日本の視点、福島との対話 展覧会カタログ

Japanese Point of View, Encounter in Fukushima - 「日 月 五星」 日から月へやがて五星を廻って土は日を見る。 それは眠りから覚めるころの話で土は日が昇るとともに地面の奥へと姿をひそめる。

平安時代からこの暦が一度たりと狂うことなく受け継がれている。

日は月を背に、月は火から遠のき、火は水に浸り、水は木を育て、木は金星を指してきた。東の空に金星が輝く頃、土は少しずつ気温を上げて、一気に風に乗り、砂は地球を何周もしてゆく。日は光りでもって陰を消し去り、自らを燃やしながら世界を照らしている。日は今までに送り出してきたエネルギーと同じ量の光りはまだ持ち続けているという。

ひとときの七曜として生きている。 世界を照らし続けている。 (「七曜」本文より) - 2006年7月29日発行 発行:福島県立美術館

参加作家:朝岡あかね、瀬戸正人、津田直 テキスト:酒井哲朗、荒木康子

デザイン:秋山伸+松井健太郎/schtucco

編集:荒木康子/福島県立美術館

 

» read more text by manager コメントは受け付けていません。

眠りの先―夜をひきつれて Beyond SleepingーCarrying Night Along 展覧会カタログ

眠りの先―夜をひきつれて 展覧会カタログ Beyond Sleeping—Carrying Night Along - 津田の作品を前にすると、写真からトポグラフィックな地名が消え、見慣れた地図のなかからむくむくと新しい地図が立ち現れてくる。 目に見える境界と目に見えない心理的な境界の両方を軽々と飛び越え、あらゆる枠組みから解放されて、見る者は誰でもない一人の“わたし”として、そこにある一つの世界と向き合わざるをえないのだ。 (『眠りの先―夜をひきつれて』本文より)

2006年3月刊行 発行・編集:株式会社資生堂企業文化部 テキスト:石川直樹(冒険家・写真家)

 

 

When we look at Tsuda’s work, the topographic place names disappear from the photographs, and new maps slowly emerge from the depths of the maps we have grown accustomed to. The viewer finds himself leaping easily over both visible boundaries and invisible, psychological boundaries, freed from any kind of framework, and forced to confront the world that emerges as an unnamed “I”.

(From the text of Beyond Sleeping—Carrying Night Along)

» read more text by manager コメントは受け付けていません。

pb_gm_number008

news gm number 008 September 2005 冊子-「海から山に与えられたもの」 津田直-2005年9月25日刊行発行 : decorative mode no.3 design products inc.
» read more text by manager コメントは受け付けていません。

近づく Coming Closer

manager 2005.07.15

pb_Coming_Closer

近づく

Coming Closer -

一日の出来事を、組み合わせられた写真によって一枚の写真よりも早く、一本の映画よりも遅く辿った作品。

(写真評論家・竹内万里子テキストより)

「カラーとモノクロをあえて織り交ぜることで、“色”についてもう一度考えてみたかった」 日本国内で撮影された写真と、制作中に綴られた津田直の言葉を収録。 - 2005年7月刊行 発行 : hiromiyoshii

写真、テキスト:津田直

アートディレクション:秋山伸+森大志郎 114 × 176mm/並製/176p SOLD OUT

 

 

» read more text by manager コメントは受け付けていません。